« 水越敏行著『発見学習の研究』(明治図書,1975年)は何度読んでも,ためになる | Main | かわいい学生たち--2014年度も講義が始まった »

2014.04.08

今年も,実践学校教育専攻に新入生

 本日は,大学院(大阪教育大学・大学院教育学研究科・実践学校教育専攻)の新入生に対するガイダンスの日であった。
 新入生に対して,カリキュラム,3つのコースの構造,必修科目の内容等が説明された。私も,自分が担当するコース(教職ファシリテーターコース)の概要を解説した。
 教職ファシリィテーターコースの意義を説明するのは,難しい。私は,「自らの授業づくりと同僚等のそれを『共鳴』させて,よい授業やカリキュラムを子どもたちに提供したい方に,そのための知識やスキルを獲得してもらうためのコースです」と説明することにしている。
 大学院ゼミは,今年度の担当は3人。M2と合わせて全部で7名だ。ゼミも,学習共同体であるから,ゼミ生同士,私とゼミ生で上記のような共鳴に取り組むことになる。

|

« 水越敏行著『発見学習の研究』(明治図書,1975年)は何度読んでも,ためになる | Main | かわいい学生たち--2014年度も講義が始まった »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 水越敏行著『発見学習の研究』(明治図書,1975年)は何度読んでも,ためになる | Main | かわいい学生たち--2014年度も講義が始まった »