« 指導主事たちが行政研修でがんばる | Main | 学校における実践研究を外部組織・人材がどう支援するか »

2014.05.31

中学校の通信教育課程に関する放送番組を視聴して

 NHK教育テレビのETV特集を視聴した。タイトルは,「学ぶことの意味を探して~通信制中学の歳月」である。様々な事情で中学校に通学できなかった方々に学ぶ機会を提供している,千代田区立神田第一中学校の対面授業の風景等を番組化したものである。真摯な姿勢で学んでいる方々の様子にも,それを促そうとする教師たちの工夫にも,感銘を受けた。ICT活用や教材開発,きめ細かな指導が充実していた。人間にとっていかに学ぶことが尊いものであるか,それを支える教師の営みがどれほど大切であるかを再認識させられる番組内容であった。
 大阪教育大学が平成27年4月に設置を予定している教職大学院には,「他学校・他機関実習」という学校実習科目の開講が予定されている。夜間中学校やインターナショナルスクール,オープン教育を展開する学校など,多様な学校における学びに接する機会で,公立小中学校における教職の取り組みを相対化することができると考えたからである。今回,この番組を視聴し,「他学校・他機関実習」という実習科目を構想したことの妥当性を確認できたように思う。

|

« 指導主事たちが行政研修でがんばる | Main | 学校における実践研究を外部組織・人材がどう支援するか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 指導主事たちが行政研修でがんばる | Main | 学校における実践研究を外部組織・人材がどう支援するか »