« 「教師力向上」教育実践力継承事業開発実践校との関わり | Main | 「大阪市学校教育ICT活用事業」のモデル校としての授業公開に備えて(阿倍野小学校) »

2014.05.20

やはり学校間ネットワークが鍵を握る

1405192 川西市教育情報センターでは,校園内研究推進担当者の悉皆研修が催された。各担当者は,事前に,「平成26年度校園内研究推進計画書」を作成し,センターに提出している。本日,担当者たちは,8つのグループに分かれて,まずグループ内で報告し合い,そして,いくつかのグループの代表者が全体に対して,グループ内協議のエッセンスを発表していた。
 その中で,幼稚園はもともと教員の数が少ないこと,中学校も一部の教科の担当者が1名であるケースがあることなどを聞いた。私は,それに対処するためにも,学校園をまたいだ研究ネットワークの構築が大切であることを説いた。

|

« 「教師力向上」教育実践力継承事業開発実践校との関わり | Main | 「大阪市学校教育ICT活用事業」のモデル校としての授業公開に備えて(阿倍野小学校) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「教師力向上」教育実践力継承事業開発実践校との関わり | Main | 「大阪市学校教育ICT活用事業」のモデル校としての授業公開に備えて(阿倍野小学校) »