« 実践学校教育専攻で修士論文を作成するということ | Main | 今日は,文献収集の日 »

2014.06.06

第41回 教育工学研修中央セミナー(IMETSフォーラム2014)

 第41回 教育工学研修中央セミナー(IMETSフォーラム2014)が7月31日,8月1日に,港区立三田中学校(東京都港区三田4−13−13)で開催される。1973年に始まった,伝統あるセミナーである。私も,最初は,30そこそこの年齢の時に登壇した。それから20年近く経っている。
 今回は,開会行事の後の講演というスターターの役割を務める。そのタイトルは,「『学び合い』を通じた思考力・判断力・表現力の育成」である。その内容は,次のとおり。

 今日,子どもたちの学力を高めるために,授業デザインにおいて彼らの「学び合い」を重視する営みが増えています。それには,いくつかの方向性があります。例えば,子どもたちが互いの学びを交流し,また讃えあって,学ぶ集団として組織化されることを目指す実践は「学び合い」のひとつの可能性を示しています。また,彼らが役割分担に基づいて学習を推進し,その成果を統合して共同的な思考を繰り広げる様子も,「学び合い」の代表的存在です。後者のような,「学び合い」と「思考力・判断力・表現力の育成」を交差させる実践は,その舞台たる教材や学習の文脈に,「学び合い」を誘発し発展させる工夫があると,さらに子どもの学力向上に大きな影響力を有します。
 加えて,こうした類の授業の成立と充実は,教師たちが授業づくりに関する「学び合い」を,学校内で,また学校間で展開する中で実現します。また,いっそう豊かなものになります。

|

« 実践学校教育専攻で修士論文を作成するということ | Main | 今日は,文献収集の日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 実践学校教育専攻で修士論文を作成するということ | Main | 今日は,文献収集の日 »