« 管理職が校園内研修にどう関わるか | Main | 研究授業が終わった後も学び合いが続く »

2014.06.26

NHK学校放送『できた できた できた 学校生活編』の活用(第135回なにわ放送教育研究会)

P1000499 今夜,我が研究室で第135回なにわ放送教育研究会が催された。今回は,来秋の近畿の放送・視聴覚教育の研究大会の会場校の教師たちが,NHK学校放送『できた できた できた 学校生活編』の活用についてレポートしてくれた。この番組は,私たちの研究グループが数年前にその必要性をNHKの教育番組制作チームに説いたことから,制作,放送へと展開した番組である。マガジン形式で,「学びの基礎力」の具体的イメージ,それがなぜ求められるかを分かりやすく,しかも何重にも及んで子どもたちに示唆している。それを受けとめて番組を利用することの大切さを,本日の研究会の参加メンバーは共通理解した。

|

« 管理職が校園内研修にどう関わるか | Main | 研究授業が終わった後も学び合いが続く »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 管理職が校園内研修にどう関わるか | Main | 研究授業が終わった後も学び合いが続く »