« 阿倍野小学校のICT活用の進展(「大阪市学校教育ICT活用事業」のモデル校) | Main | 広島県教育センターにて »

2014.06.29

学会発表の全体討議の司会・進行は難しい

 本日は,日本カリキュラム学会の第25回大会(於:関西大学)に参加した。今回は,自身の発表はなく,自由研究発表の司会役を仰せつかった。司会は多くの場合二人で担当する。今回は,私は,主として,4つの個別の発表後に設定されている「全体討議」の進行役を果たすこととなった。同じセッションであっても,各発表の内容等は少なからず異なる。しかし,共通項を導出して,各発表をつないだ議論を繰り広げなければ,全体討議の時間帯を設定する意味がなくなる--というわけで,今回は,「算数・数学」「連続・発展」をキーワードにして,(全部というわけにはいかないが)複数の発表を結ぶ議論を呼びかけた。なかなか難しい--。ふー。

|

« 阿倍野小学校のICT活用の進展(「大阪市学校教育ICT活用事業」のモデル校) | Main | 広島県教育センターにて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 阿倍野小学校のICT活用の進展(「大阪市学校教育ICT活用事業」のモデル校) | Main | 広島県教育センターにて »