« 乗り過ごしが続いて | Main | 鹿毛雅治著『学習意欲の理論』(金子書房,2013 年) »

2014.06.19

教師と子どもの関係をどのようなショットで描くか

P1000490 本日の講義「教育学演習Ⅰ」で,教師と子どもの関係性について,学生といろいろと考えた。先週,先々週の講義で,世界の国々の教師,子ども,授業,学校の様子を表す映像を学生たちに視聴させた。それを比較対照にして,我が国の教師と子どもの関係,その象徴的な姿をどのようなショット(一枚の写真)で描くかと,私は,彼らに問うた。ある学生は,一斉指導のチョーク&トーク,子どもたちのノートテイキングの様子を教室後方から撮影すると述べた。また,別の学生は,まるで家族のように密に接している(対話している)姿を撮ると語った。私だったら,どのような映像を撮影するか--いろいろあって,1つには決めにくい(自分で問うておきながら)。しかし,教室で,子どもたちの思考が熟してきた時に,教師が○○○○をかけている瞬間を映像に残したいとは思う。

|

« 乗り過ごしが続いて | Main | 鹿毛雅治著『学習意欲の理論』(金子書房,2013 年) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 乗り過ごしが続いて | Main | 鹿毛雅治著『学習意欲の理論』(金子書房,2013 年) »