« 学生が本格的なワークショップを体験して | Main | 久しぶりのさいたま »

2014.06.12

講義で「世界の教師」を学生に考えさせる

P1000483P1000484 学部の専門科目「教育学演習Ⅰ」の第8・9回目の講義では,学生に,世界の様々な国々の授業,学校,そして教師に接近してもらう。そして,それらを日本のものと比較検討し,異同を見極めてもらう。そのために,私が訪問した国々のうち,英国,米国,カナダ,中国(香港も),フィンランド,タイ,モンゴルの学校の様子を写真で映す。さらに,シンガポールの学校を取材した番組も学生に視聴してもらう。学生たちが「教師」の多様性を実感していく姿を見ていると,それらの国々の学校を訪問する経験が私にとっても貴重なものであったことを再認識できる。

|

« 学生が本格的なワークショップを体験して | Main | 久しぶりのさいたま »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学生が本格的なワークショップを体験して | Main | 久しぶりのさいたま »