« 「研究のテーマや枠組みに即して」1学期の実践を共同で省察する | Main | 教師のレジリエンスについて考える »

2014.07.26

10月の日本教育方法学会での研究発表

 本日午後,10月の日本教育方法学会での研究発表のためのミーティングを催した。鹿児島大学の廣瀬先生,四国学院大学の宮橋先生(二人とも,私の大阪市立大学時代の教え子)と3人で,カリキュラムに関する文献講読会の成果をレポートする。そのタイトルは,「専門的な学習共同体のネットワーク化の新展開-米国におけるInstructional Roundの分析を通して-」である。この1年,Instructional Roundに関する文献購読を重ねてきた。また,日本への適用可能性について検討してきた。研究会を代表して発表するので,多くの方からご意見を賜りたい。

|

« 「研究のテーマや枠組みに即して」1学期の実践を共同で省察する | Main | 教師のレジリエンスについて考える »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「研究のテーマや枠組みに即して」1学期の実践を共同で省察する | Main | 教師のレジリエンスについて考える »