« 教科における探究的な学習の好事例 | Main | 10月の日本教育方法学会での研究発表 »

2014.07.24

「研究のテーマや枠組みに即して」1学期の実践を共同で省察する

P1030321P1030319 京都府の長岡京市立長岡第九小学校は,京都府総合教育センターが企画・運営する「『教師力向上』教育実践力継承事業」の開発実践校である。この事業は,各学校に「教師力向上」に資する取り組みを推進してもらう事業だ。その一環として催された夏期研修会に,私も,アドバイザーとして出かけた。1学期の実践を各教諭が,研究のテーマや枠組みに即して,レポートにまとめ,それをグループや全体で共有し,また分析した。この「研究のテーマや枠組みに即して」というところが大切だ。共通の視点で複数の実践を比較することによって,学校として研究テーマに迫れているところ,課題があるところが可視化されるからだ。長岡第九小学校の場合は,研究主任がレポートのフォーマットを工夫して,それを実現していた。私も,他校の実践を紹介して,課題となっている部分の具体化を支援した。

|

« 教科における探究的な学習の好事例 | Main | 10月の日本教育方法学会での研究発表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 教科における探究的な学習の好事例 | Main | 10月の日本教育方法学会での研究発表 »