« 学力向上施策を発展させる(岡山県教育委員会) | Main | JAET全国大会(京都大会)の準備が会場校で進む »

2014.07.15

講義のテストの内容や構成を工夫する

 大学の前期講義も,終盤を迎えた。演習では口頭報告等で評価する場合も多いが,私は,講義は,総括的評価のためのテストを実施する。しかも,考えて解答するタイプのテストを用意する。試験当日,まず,学生に,題材となる授業実践記録を視聴させる。そして,それに対して,講義で提供した視点や事例を適用させる。つまり,それらの視点や事例を新しい事例に適用したり,関連づけたりする考え方が熟しているかを確かめるのである。
 その準備に,今日はかなりの時間を費やした。講義の内容に適した題材を探し,それを発掘させるための問題を用意するのは,そう簡単ではない。しかし,これは,私のこだわりである。大学の教員になって,二十数年が過ぎたが,このタイプの試験の実施を継続・発展させている。まだまだ続けたい。

|

« 学力向上施策を発展させる(岡山県教育委員会) | Main | JAET全国大会(京都大会)の準備が会場校で進む »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学力向上施策を発展させる(岡山県教育委員会) | Main | JAET全国大会(京都大会)の準備が会場校で進む »