« 1年で最も忙しい時期を迎える | Main | 教科における探究的な学習の好事例 »

2014.07.22

やっぱり夏期研修は実践交流がベター

P1030174 尼崎市立塚口小学校の教師たちは,本年度,「豊かな表現力をもつ子どもの育成」に関する実践研究に着手している。それは,「重点的に指導する活動(総合的な実践の場)」と「繰り返し指導する活動(スキル習得の場)」という二本柱で進められている。夏休みの研修は,1学期の実践の交流を2ラウンドのポスターセッション形式で実施された。
P1030191 大学研究者等の講話を聞く等の受け身の研修ではなく,実践を交流したり比較検討したりする能動的な研修が導入された結果,参加者は,2学期以降の取り組みを具体的に,また合理的に構想できた。下の写真のように,交流は,休憩時間中も続けられた。それだけ,やりがいがあったのであろう。やっぱり夏期研修は,実践交流がベターである。

|

« 1年で最も忙しい時期を迎える | Main | 教科における探究的な学習の好事例 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1年で最も忙しい時期を迎える | Main | 教科における探究的な学習の好事例 »