« 21世紀型能力を「学校を基盤とするカリキュラム開発」で育む | Main | 学校をまたいだ授業改善等のネットワークの試み »

2014.07.10

課題意識の発展のための条件を探る(和歌山大学教育学部附属小学校の授業研究会にて)

P1030059P1030054 和歌山大学教育学部附属小学校に出かけて,同校の授業研究会に参加した。同校の研究主題は,「学びをデザインする子どもたち-課題意識の深化を通して-」である。私は,研究計画の文書や公開授業及び研究授業を踏まえて,子どもの課題意識の発展のための視座を整理した。それは,課題意識の生活化,複線化(多様化),その縦断的展開(年間で,単元をまたいで),その合科・総合的展開,生涯学習との接点の開拓である。

|

« 21世紀型能力を「学校を基盤とするカリキュラム開発」で育む | Main | 学校をまたいだ授業改善等のネットワークの試み »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 21世紀型能力を「学校を基盤とするカリキュラム開発」で育む | Main | 学校をまたいだ授業改善等のネットワークの試み »