« 教師のレジリエンスについて考える | Main | 『教師発達学』の最後の講義 »

2014.07.28

三重県教育委員会の授業研究担当者育成プログラムで模擬授業研究

P1030382P1030401 三重県教育委員会は,平成23年度から,「みのえ教職員授業力向上支援事業」の一環として,「授業研究担当者育成プログラム」を企画運営している。本日は,本年度の第2回目の研修会であった。県内の16校で校内研修を企画・運営しているミドルリーダーたちが集い,所属校の校内研修の進捗状況について交流すると共に,模擬授業研究会を体験して,2学期以降の校内研修の充実に向けて,そのプランの再構築を図っていた。三重県教育委員会のスタッフのチャレンジによって,よい模擬授業体験が研修参加者に提供されたと思う。

|

« 教師のレジリエンスについて考える | Main | 『教師発達学』の最後の講義 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 教師のレジリエンスについて考える | Main | 『教師発達学』の最後の講義 »