« July 2014 | Main | September 2014 »

2014.08.31

放送教育との関わりを振り返る

 私の専門は,授業研究を通じた教師の成長である。決して,情報教育とか,総合的な学習のカリキュラム開発ではない。しかし,そうした内容の実践研究に従事する教師たちは,授業研究を核とするアクションリサーチを繰り広げているわけだから,私が専門的に研究している対象となる。
 そうした図式の下,私は,放送教育とも関わりを有してきた。授業中に,教科書の内容を越えた学校放送教材を子どもたちに提供し,その反応によって即興的に授業を創っていくのが,放送教育の醍醐味である。したがって,その充実のためには,教材研究という意味でも,授業中の即時的意思決定という点でも,メディアミックスのための学習環境構成という課題に関しても,教師たちに豊かな学びを要請する。しかも,当該教材は,番組の編成によって,常に再構築される。教師が自らの授業力量を拡充し続けなければならない状況を,この教材は伴っているのだ。さらに,異校園種や異なる地域の教師たちとの共同研究,制作者との研究的ネットワークといった,この分野の研究コミュニティの多元性も,放送教育を追究する教師たちにすぐれた学びをもたらす可能性を有している。だから,私にとって,放送教育は,成長する教師像を追究するためのよきフィールドであった。
 ここ数日,放送教育の変遷に関する原稿を執筆している。そのために過去の資料なども見直している。そして,20年近くになる,自身の関わりを回顧した。いろいろやってきたなあとしみじみ思った。

| | Comments (0)

2014.08.30

修士論文の中間発表会を終えて

P1000692P1000688 本日,大阪教育大学大学院の実践学校教育専攻の修士論文中間発表会が催された。各人が,10分で研究の進捗状況を報告し,様々なスタッフから示される質問や意見に答えていく。
 私が修士論文の作成を担当している3名の大学院生も,2週間前の合宿勉強会における予行演習の結果を踏まえて,これまで取り組んできた内容をよくまとめてくれた。いくつかの質問に対しても,それなり回答してくれた(ちょっと弱気の回答もあったのは問題だが)。いずれにしても,練習の成果がかなり出たと思う。やはり努力は報われる。この調子でぜひ続けてがんばってもらいたい。

| | Comments (0)

2014.08.29

大阪市の社会教育委員に就任

 7月末から,大阪市の社会教育委員となった。2年の任期である。今年度は,今後の生涯学習施策に関する意見具申をまとめる年度になっているそうで,かなりのペースでミーティングが続く。
 私は,10年前に,小学校区地域教育協議会の「はぐくみネット」事業が10校で始まったときから,大阪市教育委員会の生涯学習部と接点を有している。おそらくそれが理由となって,この度,委員に選ばれたのではないかと思う。大阪市の学校教育や教育センターの事業に協力していることも,もちろん,委員就任の理由の1つであろう。そうした経緯から,学校教育と社会教育の立場を往還させ,大阪市の生涯学習施策が充実するよう,自身の考えを述べたい。

| | Comments (0)

2014.08.28

NHK学校放送『スマホ・リアル・ストーリー』の番組研究(第137回なにわ放送教育研究会)

P1000684P1000683 今夜,我が研究室で第137回なにわ放送教育研究会が催された。今回は,秋の近畿の放送・視聴覚教育の研究大会の会場校の教師たちが,NHK学校放送番組の活用についての実践記録や指導案を呈してくれたので,その内容を吟味した。また,夏の特番『スマホ・リアル・ストーリー』の番組研究を実施した。3話目と5話目を視聴し,その特徴と課題を協議した。小学校高学年の子どもたちが情報モラルについて学習する際に何を目標に据えるべきか,それをNHK学校放送がどのように支えるべきかについて様々な意見が登場した。

| | Comments (0)

2014.08.27

日本看護学教育学会第24回学術集会

 幕張メッセを会場にして催された,日本看護学教育学会の第24回学術集会に参加した。看護教員の授業研究について,院生等を指導する機会が増えてきたからだ。大阪大学人間科学部教育技術学講座の先輩助手の藤岡完治先生(故人)が,ある時期から精力的に,看護教育における授業研究(授業デザイン,授業リフレクション等)に関与しておられた。そのうねりが大きくなっていることを感じた。同時に,いくつかの発表を拝聴して,授業研究を通じた,看護教員のエンパワーメントに研究的関心を抱いた。

| | Comments (0)

2014.08.26

全日本教育工学研究協議会全国大会(京都大会)の会場校(京都市立梅小路小学校)

 10月24,25日と,京都市を会場として,日本教育工学協会(JAET)による,第40回全日本教育工学研究協議会全国大会(京都大会)が催される。主会場は,京都テルサだ。ここで,基調講演,シンポジウム,分科会Ⅰ(ワークショップ等),分科会Ⅱ(研究発表)が実施される。
 加えて,24日午前中には,8つの学校で授業が公開される。そのうちの1つが,京都市立梅小路小学校だ。京都水族館近くのこの学校は,キャリア教育(生き方探究教育)の実践研究で有名だ。そこに,タブレット型端末などのICTの活用を加えて,キャリア教育と情報教育の接点を追究しようとしている。本日,指導案検討に参加してきたが,当日の公開授業では,多様な教科・領域で,タブレット型端末の活用場面が登場しそうである。ぜひ,訪問されたい。

| | Comments (0)

2014.08.25

教育支援人材養成プロジェクトを尼崎で

 本日午前中,尼崎市庁を訪問し,教育委員会スタッフと,いわゆるHATOプロジェクトの一環として企画・運営している,「教育支援人材」の養成や活用プロジェクトについて会議を催した。HATOプロジェクトとは,北海道教育大学・愛知教育大学・東京学芸大学・大阪教育大学の4つの教育大学が連携して実践的な研究に取り組むプロジェクトであり,いくつかの部門があるが,私は,東京学芸大学が主催する「教育支援人材」に関するプロジェクトのメンバーになっている。尼崎市教育委員会内に,各学校が教育支援人材を有効に活用することを牽引する人材を置き,そのコーディネーターリーダーのイニシアチブを記録し,モデル化しようとするものだ。今年度いっぱい,それを続ける。何度も尼崎を訪ねることになりそうだ。

| | Comments (0)

2014.08.24

校内研修への関与の方法論を学び続ける

 先日も記事にした原稿の執筆を今日も続けて,夜,完成した。『「授業研究」を創る』(教育出版)という書物である。慶應義塾大学の鹿毛先生たちが編者となって,学校現場の授業研究に参画している大学研究者が,その方法論を述べる書籍である。私は,「教師と研究者の対話に基づく校内研修の充実」というタイトルの拙稿を寄せる。自身が校内研修に関わる際に留意している点を自己内省的に整理してみた。そして,その最後の段落にて,校内研修への関与の方法論を学び続けることを誓った。

| | Comments (0)

2014.08.23

日本生活科・総合的学習教育学会・大阪支部の夏期研修会

P1000657P1000678 本日,大阪教育大学天王寺キャンパスで,日本生活科・総合的学習教育学会・大阪支部(なぜか私が支部代表)の夏期研修会を催した。研修テーマは「生活科・総合的な学習の評価を考える」というものだ。小学校2年生の生活科の単元「がっこうだいすき」の単元末の授業で子どもたちが記した振り返りシートの記述を参照しながらルーブリックを作成するというワークショップ的な活動に参加者は従事した。7グループが作成したルーブリックを比較検討すると,共通点もあれば,差異点もあった。それが生まれる理由や背景となっている考え方を再確認できた,よい研修会になった。

| | Comments (0)

2014.08.22

大学研究者が学校の授業研究に参加するにあたって

 ここ数日,大学研究者が学校の授業研究に参加するにあたって留意すべき点を考え,文章にしている。ある書籍の原稿だ。今日は,そのようなことを述べた書物『教育研究のメソドロジー-学校参加型マインドへのいざない-』(秋田・恒吉・佐藤編著,東京大学出版会)も読み直した。
 数ヶ月後私が学校の授業研究に参加するにあたってどのような準備にいそしみ,研究授業のどこをどのように見て,事後協議会で何を語っているかが当該書籍においてオープンになる。少々恥ずかしいが,しかし,日々の努力を整理するためのよき機会であるととらえ,今日も,執筆に時間を費やした。

| | Comments (0)

2014.08.21

秋田喜代美編著『対話が生まれる教室』(教育開発研究所,2014年)

 ある原稿執筆のために参考にすべく,秋田喜代美編著『対話が生まれる教室』(教育開発研究所,2014年)を読んだ。同書の副題は,「居場所感と夢中を保障する授業」である。全体として,子どもたちの安心・安定(well-being)と没頭・夢中(involvement)が教室で,そして学校でどのようにして満たされるべきかについて,「対話」や「聴く」と「待つ」がキーワードとなって理論的・実践的に語られている。さらに,第3章では,「居場所感と夢中を保障する授業」を創造するための教師たちの学び,とりわけ授業研究の方法論が多角的に述べられている。
 多様な著者(大学研究者や大学院生,現職教員,教育委員会スタッフ等)のコラボレーションによって,「居場所感と夢中を保障する授業」の特徴を理解し,またそのよさを実感でき,そしてそれを実践してみたいという意欲を持てる好著である。

| | Comments (0)

2014.08.20

校内研修と子どもたちに期待する学び

P1030569P1030585 京都府久世郡久御山町立久御山中学校の教師たちは,8月下旬に3日間の研修日を設定している。その期間は,部活動は運営されない(朝練はあるそうだが)。同校は,京都府教育委員会の学力向上システム開発校となって,子どもたちの学力向上のための取り組みを多面的に展開している。その1つが,学習の手引き(特に家庭学習への取り組み方)の作成である。そのために同校の教師たちは,その材料を集め,その草稿を作成して,研修日を迎えた。それをグループ単位でプロトタイプにまで具体化し,全体で報告し合っていた。要するに,教師たちが事前に予習をして研修日を迎え,当日に練り上げて共同作品を作成していた--それは,子どもたちに期待する学びの姿に等しい。

| | Comments (0)

2014.08.19

家庭学習について考えた

 今日は,家庭学習について考えることとなった。ある中学校からリクエストを受けて,その充実に向けたアプローチについて講ずることとなったからだ。
 かつて,Benesse教育開発センターと共同研究をして,『授業と家庭学習のリンクが子どもの学力を伸ばす』という報告書を作成した。その内容を再度吟味して,講演資料を作成した。その過程で,子どもたちの授業外の学びは,授業改善と多面的につながっている。ただその時間を増やせばよいというものではないという原理を再確認した。

| | Comments (0)

2014.08.18

「教育の情報化」実践セミナー2014in島根

P1030530 本日13時から,志摩ね大学を会場にして,日本教育工学協会(JAET)の「教育の情報化」実践セミナー2014in島根が催された。これは,日本教育工学協会(JAET)が年3回実施している,教育の情報化に関する実践的セミナーである。セミナーのテーマは「ICT活用を通しての学習成果の検討」であった。基調講演 ,実践報告Ⅰ(島根県内)及びⅡ(島根県外),展示ブース見学等 ,ワークショップを通じて,ICT活用の前提,その基本原理,その成果の評価について多面的な議論を繰り広げた。
P1030509 短い時間であったが,参加者がICT活用とその成果の評価等についてしっかり学べる,よいセミナーとなった。そのプログラムのデザインや運営に尽力してくれた島根大学の深見先生と島根県メディア教育研究会の方々に,セミナー担当副会長として,厚く御礼申し上げます。

| | Comments (0)

2014.08.17

合宿研究会は研究室コミュニティにとって重要な営み

 本日も,大学院ゼミ合宿だ(in二条城前「堀川イン」)。今日は,M1が修士論文の研究計画を発表し,それについて,既にそれを経験してきたM2やOBがするどい質問を投げかけ,それをきっかけにして論文の独自性や論理的一貫性について議論できた。
 本日は開始前に二条城見学,終了後は京料理のランチ,ANAクラウンプラザホテルで弦楽四重奏を聴きながらお茶という,研究以外のメニューも満喫できた。やはり合宿研究会は,研究室コミュニティにとって重要な営みである。

| | Comments (0)

2014.08.16

大学院のゼミ合宿にて

 本日から,大学院ゼミ生5名,そして同OB3名と,合宿研究会を開催している(場所は,二条城前の「堀川イン」)。M1のアレンジで,いつも場所やプログラムが決められる。今回も,上手にやってくれた。
P1030481 M2の学生は,30日に迫った修士論文中間報告会の予行演習をおこなった。M1やその候補者は4月から検討してきた修士論文の研究計画をレポートする。そして,OBは,修士論文の内容とそれを現在どのように発展させているかを語ってくれた。多様な属性の大学院生やそのOBが,自身の教育実践等を核とする修士論文を作成する方法論について意見を交わしている。時間を忘れて,密な議論を繰り広げた。
 P1030487夕食後は,恒例のトランプ大会。私の腕もまずまずなのだが,今年は,第2位に甘んじることとなった。それにしても,トランプの最中は,その人との(隠された?)性格が表れるなあ。

| | Comments (0)

2014.08.15

科研費による研究プロジェクトのワーキンググループのミーティング

 本日は,我が研究室で,私が代表者を務める科研費による研究プロジェクト「教育工学的な視点に基づく教師教育ハンドブックの開発-その理論と実践の分析から-」のワーキンググループのミーティングが催された。ハンドブックは,総論,理論編,実践編,演習編,資料等から成るが,そのうちの演習編の執筆を担当するメンバー(ワーキンググループ)5人が集って,教師教育と教育工学の接点をどのように問題化するかについて,かなり密に議論した。

| | Comments (0)

2014.08.14

今日も,看護教育における授業研究について議論

 今日の午後,3時間以上にわたって,看護教育における授業研究の可能性やあり方について,密に議論を繰り広げた。看護教育にたずさわっている3人の教員と,看護教育における授業研究のアイデンティティやレジリエンスとの関わりについて,また,そのための授業デザインや授業リフレクションの理法と技法がどのようなものであるべきかについて,意見を交換した。ぐったりするほど考えたが,ランチに食べたローストビーフサラダやおやつに食べたエッグタルトのおかげで(?),なんとか続けられた--。

| | Comments (0)

2014.08.13

9月28日に日本教師教育学会(玉川大学)でも研究発表

 先日,9月中旬の日本教育工学会第30回全国大会における発表について記事にしたが,今回は,日本教師教育学会第24回研究大会での発表について,お知らせする。会場は,玉川大学だ。同日10:30~11:20に,「学校研究の発展に資する教育委員会指導主事の役割のモデル化」というタイトルで,高知大学の島田先生,長崎大学の寺嶋先生と共同研究発表をおこなう。大阪,高知,長崎,広島の小中学校の実践研究を教育委員会指導主事がどのようにサポートしたのかについて,コンサルテーションの概念を適用して,整理・分析し,それらの重要なポイントをモデルに描く研究である。興味のある方は,ぜひ,会場にご参集ください。

| | Comments (0)

2014.08.12

夏季特休の日にも--

 国立大学法人に勤めるものは,皆,7~9月にかけて,夏季特休を取得することができる。3日連続の休みである。通常,8月13~15日の大学の一斉休業時に休むように事務方より指示がある。しかし,今年は,その時期に,教員免許更新講習が催されるので,休みにはできない。だから,今年は,8日,11日,12日と夏期特休を取得した。
 でも,多くの大学人は,現実には休めない。秋の学会発表の準備,卒論・修論の指導,さらに教育学部に務めるものは行政研修等への協力も依頼される。私も例外ではない。今日も,大学の研究室で,科研の研究プロジェクトに関わる文章を書いていた。仕上げて関係者に送信してほっとしていたら,一部の方々から,慰労のメールが届き,とてもうれしかった。

| | Comments (0)

2014.08.11

第40回全日本教育工学研究協議会全国大会(京都大会)

 第40回全日本教育工学研究協議会全国大会(京都大会)が10月24,25日に,京都市で催される。先日,大会の公式サイトから,参加申し込みができるようになった。
 私は,分科会(ワークショップ)B「学校としてICT 活用を継続・発展させるための秘訣はなにか-パナソニック教育財団実践研究助成特別研究指定校の取り組みに学ぶ-」の座長を務める。また,授業を公開する梅小路小学校の指導案検討等をサポートしている。
 京都大会は,実行委員会が大会の充実を願い,早くから企画・運営を進めている。全日本教育工学協会(JAET)の副会長として,実行委員会の皆さまに厚く御礼申し上げるとともに,多くの方々に大会に参加していただきたい。

| | Comments (0)

2014.08.10

ゼミ生OBによる実践報告会をやむなく中止に

 本日午後,OB実践報告会の開催を予定していた。これは,私がかつて卒論指導を担当したゼミ生OBたちの有志が,研究室を訪問し,教師としての営みを報告してくれる機会である。大阪教育大学に異動して,3年目の夏から数えて6回目となるはずだった。これは,私が目指す,卒論ゼミ生OBによる「専門的な学習共同体」の成立と発展に資するものだった--それなのに,本日は朝から,大阪地域には大雨洪水暴風警報が発令された。それゆえ,当該の報告会を泣く泣く中止にした。仕方のないことであるが,とても,残念である。卒論ゼミ生OBたちの語りには,リアリティがあり,いつも勉強になっていたから。そもそも,元気な姿を見せてくれ,困難に立ち向かう姿勢を示してくれるのが,単純にうれしかったから。
 本日,中止決定の知らせをOBのメーリングリストに送った後も,なんとなく,落ち着かなくなって,一人,びしょ濡れになりながら自宅を出発し,キャンパスに向かった。悔しいことに,予定の時刻には,雨はやみ,風も強くなかった。長くやっていたら,こんなこともある,次の機会に備えればよいと思い直して,研究室で一人,(提出締め切りを過ぎた)原稿執筆に励んだ。でも,あまり進まなかったが。
 卒論ゼミ生OBたち,また,実践報告会,やろうね。

| | Comments (0)

2014.08.09

科研の成果も発表(していただく)

 9月19日からの日本教育工学会の第30回全国大会では,私が代表者を務める科研費による研究プロジェクト「教育工学的な視点に基づく教師教育ハンドブックの開発-その理論と実践の分析から(基盤研究B:24300284)の中間的な成果の一部も口頭発表で披露される。次のセッションだ。諸事情により(先日記事にしたが,別の発表があるので),代表者の私ではなく,横浜国立大学の野中先生にプレゼンテーションをしていただく。教師教育に興味がある方はぜひお集まり下さい。

2a-021 教師教育(2)
9月20日(土) 09:00 ~ 11:40 会場:021
2a-021-04:英米の教師教育の動向に関する比較調査研究
○野中 陽一 [横浜国立大学], 小柳 和喜雄 [奈良教育大学], 田中 博之 [早稲田大学], 木原 俊行 [大阪教育大学]

| | Comments (0)

2014.08.08

日本教育工学会の全国大会で「ICT活用に対する熱意に影響を及ぼす要因の政治的・社会的検討」を発表

 9月19日から21日まで,岐阜大学を会場にして催される日本教育工学会第30回全国大会にて,口頭発表を行うことになった。横浜国立大学の野中先生をリーダーとする,ICT活用のイノベーションに関するプロジェクト研究の一貫として,ICT活用の取り組みで名を馳せている,いわば有名実践家のライフヒストリー研究を実施して得た知見を報告する。以下のセッションの4番目の発表だ。

1a-022 教科指導におけるICT活用(1)
9月19日(金) 09:20 ~ 11:00 会場:022
------------------------------------------------------------------------
1a-022-04
ICT活用に対する熱意に影響を及ぼす要因の政治的・社会的検討
ベテラン教師たちの実践史の比較検討を通じて
○木原 俊行 [大阪教育大学], 野中 陽一 [横浜国立大学], 堀田 龍也 [東北大学], 高橋 純 [富山大学], 豊田 充崇 [和歌山大学], 岸 磨貴子 [明治大学]

| | Comments (0)

2014.08.07

今日も,看護教育の授業リフレクションについて学ぶ

 今日も,大学に行く車中で,雑誌『看護教育』のリフレクション特集号を読破した。義務教育学校の教師たちと同様,いくつかのモデルに基づいた,多様な手法で,講義・演習・実習に関するリフレクションが行われていることが分かった。同時に,実習のリフレクションは,臨床指導者の存在と役割等を含んだものになるので,それは,教員養成の教育実習の場合に相当することも把握できた。看護教員の授業リフレクションは,義務教育学校の授業研究と教員養成学部・大学のFD活動の統合的展開ということになろうか--もう少し調べるために,本日も,看護教員の学びに関する書籍を購入した。

| | Comments (0)

2014.08.06

看護教育における授業研究と教師の成長

 最近,ある理由から,看護教育における授業研究,それを通じた教師の成長について,いろいろと考えている。そのためにいくつかの文献を購入し,猛スピードで読解した。また,今日は,それについてミニ研究会を催したので,看護教育における授業研究の特徴を図示してみた。その努力が実って,当該テーマについて,密な議論を繰り広げることができた。もう少し続けてみよう。

| | Comments (0)

2014.08.05

学び合いを続ける教師たちによる校内研修

P1030448P1030457 津山市立北陵中学校は,2008年度から2010年度までの3年間,文部科学省の学力向上に関する実践研究指定校として,岡山県教育委員会や津山市教育委員会と協力して,「表現力の育成」を標榜し,授業改善に取り組んできた。そして,その後も研究活動を継続している。今年度も「認め合い,支え合い,確かな学びをめざす生徒の育成~活用型学力を高める~」という研修主題の下,専門部会を構成して,授業改善の努力を重ねている。今年度は,専門部会が,新教材・実践開発部会,ユニバーサルな授業開発部会,そして,家庭学習開発部会である。本日午後,部会報告に続いて,2学期の研究授業に関する協議の機会が設定された。研究授業担当者たちはいずれも,自主的に指導案を作成して,今日の日を迎えていた。そして,それを部会のメンバーが,担当する教科が異なっているのに,身を乗り出して,自分の授業のように真剣に検討していた。それは,批判的であると同時に,建設的であり,また,笑顔で繰り広げられるものであった。学び合いを続ける教師たちによる校内研修は充実している。

| | Comments (0)

2014.08.04

サファリパークのような学校

 三重県の小学校の学校長と話をした。彼が勤務する学校は,自然に囲まれて,まるでサファリパークのようだと聞いた。すなわち,たくさんの動物と会えると。朝は野ウサギ,昼は猿,夜は鹿と遭遇したこともあるという。楽しいような,怖いような--日本には色んな学校があるものだ。
 あ,でも,大阪教育大学の柏原キャンパスには,「イノシシに注意」という看板があるな。

| | Comments (0)

2014.08.03

学会の仕事で1日が終わる--

 今日も,学会関係の仕事で,1日が終わった(と言っても,お昼間,90分のテニスタイムはあったが)。午前中から夕方までの時間を学会誌に掲載される書評の原稿執筆に費やした。その後,学会発表の予稿集原稿のチェック,学会の委員会議事録の作成と,仕事が続く。日本教育工学会のショートレター編集委員会のメーリングリストは毎日フル回転で何十通というメールに目を通さねばならないし--しかし,まあ,これも仕方がない。お互い様だから。

| | Comments (0)

2014.08.02

『タブレット端末で実現する協働的な学び xSync シンクロする思考』を読む

 本日,ある仕事のために,中川一史・寺嶋浩介・佐藤幸江編著『タブレット端末で実現する協働的な学び xSync シンクロする思考』(フォーラム・A,2014年)を読んだ。そして,その内容や特徴を解説する文章を書いている。この著書は,思考力・判断力・表現力の育成×協働学習×ICT(タブレット端末と電子黒板)の三重奏の響きを読者にアピールしている。中川先生の研究グループのメンバーが,その総力を結集して,上述した三重奏のモデルと実際をたくみに描いている。

| | Comments (0)

2014.08.01

教員免許状更新講習の担当を終えて

 今日は,いわゆる教員免許状更新講習の必修講習「教育の最新事情」の第4領域「学習指導要領と学校づくり」の講座を担当した(今日の担当分は,朝9時から,85分×4コマ+テスト監督だ)。そのタイトルは,「学力向上の総合的アプローチ」である。学力向上の取り組みを,1)学びの基礎力の育成,2)習得型授業の徹底,3)活用型授業の成立と充実,そして4)学力向上に資する教師たちの学び合いという側面から,解説したり,それをもとにした議論をコーディネートしたりした。
 100人近くの教員,しかも年齢や校種(学年,教科も)が異なる教員の考えを引き出し,共有化してもらうことは簡単ではないが,今日も講義終了後,大きな拍手を頂戴したので,まあまあの講義になったのではなかろうか。
 ちなみに,その後,修士論文作成のゼミを開催。その終了が20時を過ぎた。よく働いた。

| | Comments (0)

« July 2014 | Main | September 2014 »