« 校内研修への関与の方法論を学び続ける | Main | 全日本教育工学研究協議会全国大会(京都大会)の会場校(京都市立梅小路小学校) »

2014.08.25

教育支援人材養成プロジェクトを尼崎で

 本日午前中,尼崎市庁を訪問し,教育委員会スタッフと,いわゆるHATOプロジェクトの一環として企画・運営している,「教育支援人材」の養成や活用プロジェクトについて会議を催した。HATOプロジェクトとは,北海道教育大学・愛知教育大学・東京学芸大学・大阪教育大学の4つの教育大学が連携して実践的な研究に取り組むプロジェクトであり,いくつかの部門があるが,私は,東京学芸大学が主催する「教育支援人材」に関するプロジェクトのメンバーになっている。尼崎市教育委員会内に,各学校が教育支援人材を有効に活用することを牽引する人材を置き,そのコーディネーターリーダーのイニシアチブを記録し,モデル化しようとするものだ。今年度いっぱい,それを続ける。何度も尼崎を訪ねることになりそうだ。

|

« 校内研修への関与の方法論を学び続ける | Main | 全日本教育工学研究協議会全国大会(京都大会)の会場校(京都市立梅小路小学校) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 校内研修への関与の方法論を学び続ける | Main | 全日本教育工学研究協議会全国大会(京都大会)の会場校(京都市立梅小路小学校) »