« 学校長たちの学び | Main | 日本教育工学会第30回全国大会で研究発表 »

2014.09.18

福岡県立戸畑高等学校の教師たちのICT活用

P1030703P10307051 福岡県立戸畑高等学校は,パナソニック教育財団の第38回実践研究助成の特別研究指定校として,2年間,ICT活用の充実,とりわけ,デジタル教材のデータベース化に努力を傾注した。助成が終わってから半年後に学校を訪問してみたが,たくさんの教室でICTが活用され,授業の充実をもたらしていた。とりわけ,教師たちが,学習課題や資料の提示に,たくみに,ノート型パソコンやタブレット端末とプロジェクターを活かしていた。各学年6クラスで構成されているが,上述した機器はクラス分用意されていない。だから,教師たちは,各フロアの機材保管庫から,ワゴンでそれらを運ぶことになる。涙ぐましい努力であるが,それを平然とこなす同校の教師たちの姿勢に敬意を表したい。
 戸畑高等学校には,10月24,25日に京都市を会場として催される,全日本教育工学研究協議会全国大会(京都大会)の分科会Ⅰの第2セッション「学校としてICT活用を継続・発展させるための秘訣はなにか-パナソニック教育財団実践研究助成特別研究指定校の取り組みに学ぶ-」で,ICT活用を継続・発展させている様子をご報告いただく。ぜひ,同大会に参加して,この学校の様子にふれていただきたい。

|

« 学校長たちの学び | Main | 日本教育工学会第30回全国大会で研究発表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学校長たちの学び | Main | 日本教育工学会第30回全国大会で研究発表 »