« 文科省の講座で,なつかしい人たちに会った(放送教育指導者養成講座「虎の穴」の卒業生たち) | Main | パナソニック教育財団の「実践研究助成に応募するにあたって」 »

2014.09.30

NHK学校放送番組『おはなしの国 クラッシック』の教材としての特長

P1000715P1000719 本日,我が研究室で,第138回なわに放送教育研究会が催された。本日は,来る11月に近畿の放送・視聴覚教育大会の会場校となる小学校の教諭がNHK学校放送番組『おはなしのくにクラッシック』を活用した実践を報告してくれた。その実践で利用された番組について,その特徴と課題を分析した。特に,当該番組の教材としての特長について共通理解した。例えば,作品が生まれた際のエピソードの豊かさ,作品の読解を多様な教科(このケースは,国語に加えて,音楽,図画工作)によるアプローチを合成して進めるよさ,さらには,同じ作品を異なる読み方で接近する際のモデルの提示などである。

|

« 文科省の講座で,なつかしい人たちに会った(放送教育指導者養成講座「虎の穴」の卒業生たち) | Main | パナソニック教育財団の「実践研究助成に応募するにあたって」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 文科省の講座で,なつかしい人たちに会った(放送教育指導者養成講座「虎の穴」の卒業生たち) | Main | パナソニック教育財団の「実践研究助成に応募するにあたって」 »