« 阿倍野小学校のICT活用に関わる授業公開 | Main | 大阪教育大学の連合教職大学院の説明会を開催 »

2014.10.17

塚口小学校の授業研究会,盛り上がった

P1040278P10403021 尼崎市立塚口小学校の教師たちは,本年度,「豊かな表現力をもつ子どもの育成」に関する実践研究に着手している。それは,「重点的に指導する活動(総合的な実践の場)」と「繰り返し指導する活動(スキル習得の場)」という二本柱で進められている。同校で,本日,前者に位置づく研究授業(3年生国語「海をかっとばせ))が公開され,それに基づく協議が放課後催された。授業は,指導者が,子どもたちの言語活動をていねいに点検し,子どもたちの主体的な読みを引き出していた。日頃の学級経営のなせる業であろう,子どもたちは,自然に,自分たちの読みを伝え合い,学び合っていた。
 教師たちも,そうであった。協議会において,豊かな表現力のとらえ方,それを引き出すための発問,それを促すための話型の提供などについて,たくさんの意見が示され,盛り上がった。私も,それに加えて,単元構成の工夫や教材開発による,さらなる思考力等の育成の可能性について言及した。

|

« 阿倍野小学校のICT活用に関わる授業公開 | Main | 大阪教育大学の連合教職大学院の説明会を開催 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 阿倍野小学校のICT活用に関わる授業公開 | Main | 大阪教育大学の連合教職大学院の説明会を開催 »