« WALS2014の発表,近づく | Main | 連合教職大学院の説明会でアピール(関西大学) »

2014.11.14

2つの研究授業を比較検討して

 津山市立佐良山小学校の授業研究会に参加した。同校は,今年度から,研究主題を「思考力・表現力をのばすための指導法の工夫~各教科における活用型授業を通して~」と定め,全教員が研究授業を実施することになっている。当日の研究授業として,3時間目に3年生算数の授業が,4時間目に6年生社会科の授業が公開された。。
P1050690P1050688 いずれの授業も,教師たちが「佐良山スタイル」と呼んでいる授業過程のモデルに基づいて構成された。放課後,それぞれの研究授業に関して,教師たちは,授業評価を行った(佐良山スタイルの授業モデルに即して)。それは,写真のように,熱心なものであった。ただ,それぞれの授業の個別的な批評になりがちであったので,私は,両者をつないで,共通する特徴や課題を見いだすよう,働きかけた。2つの研究授業を比較検討すると,学校として取り組むべき授業改善課題が浮き彫りになる。

|

« WALS2014の発表,近づく | Main | 連合教職大学院の説明会でアピール(関西大学) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« WALS2014の発表,近づく | Main | 連合教職大学院の説明会でアピール(関西大学) »