« 外部人材活用に全校で取り組む学校(中央区立常磐小学校) | Main | 卒論や修論のゼミにおける議論 »

2014.11.08

やはり附属学校の研究では教材開発が重要

P1050343 本日は,大阪教育大学附属天王寺中学校及び附属高等学校天王寺校舎の教育研究会の開催日であった。私が修論指導を担当している大学院生が研究授業を公開するので,それを見学に行った。家庭科の保育領域の指導であったが,生徒におもちゃの特徴を思考させるために体験的な学習を取り入れ,それの知見を交流させて,幼児の発達について多面的に検討させていた。
P1050239 その他にも,社会科と理科の授業を見学した。いずれも,思考力・判断力・表現力の育成を目指すものであったが,そのために開発された教材が実に効果的であった。やはり,附属学校の研究では教材開発が重要であると今日も再確認した。

|

« 外部人材活用に全校で取り組む学校(中央区立常磐小学校) | Main | 卒論や修論のゼミにおける議論 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 外部人材活用に全校で取り組む学校(中央区立常磐小学校) | Main | 卒論や修論のゼミにおける議論 »