« NHK幼稚園・保育所向け番組『ノージーのひらめき工房』を利用した保育 | Main | 看護教育における授業研究に関する勉強会,本格化する »

2014.11.22

我が国の放送教育の本質とは

 第18回視聴覚教育総合全国大会・第65回放送教育研究会全国大会の合同大会の第2日目は,午前中の団体別研究会に続いて,午後は,全体会。NHKプレゼンテーション等の後,園田学園女子大学の堀田先生,東北大学大学院の堀田先生と私で,鼎談風に視聴覚・放送教育について多面的に議論した。その中で私は,我が国の放送教育の本質は,NHK教育番組の「教材としての」卓越性を生かした保育・授業づくりにあると主張した。その卓越性は,映像の情意性や表現のエンターテェイメント性,視点の独自性(新規性),構成の物語性(要素の多様性)に体現されること,そして,それらの特性は,目標(育成する学力)の総合性,活動の多様性,展開の即興性といった保育や授業を生み出すことを解説した。

|

« NHK幼稚園・保育所向け番組『ノージーのひらめき工房』を利用した保育 | Main | 看護教育における授業研究に関する勉強会,本格化する »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« NHK幼稚園・保育所向け番組『ノージーのひらめき工房』を利用した保育 | Main | 看護教育における授業研究に関する勉強会,本格化する »