« WALS2014を終えて--次は-- | Main | 学校における実践研究のコンサルテーションに関する大学院の講義 »

2014.12.01

NHK学校放送『ココロ部!』の活用可能性を考える(第140回なにわ放送教育研究会)

P1000888P1000885 今夜,我が研究室で第140回なにわ放送教育研究会が催された。秋の近畿の放送・視聴覚教育のブロック大会の会場校の公開授業等について関係者がその模様を報告した。続いて,NHK学校放送番組『ココロ部!』の活用について,番組を視聴して自由に意見を交換した。この番組は,次年度から放送が予定されている,小学校高学年~中高等学校向けの道徳番組である。視聴してみると,同じターゲットを有する『道徳ドキュメント』とはかなり趣が異なり,いろんな意味で「軽い」。それがヒットする実践者と違和感を抱く実践者がいるだろうというのが,メンバーの共通理解であった。この番組を利用した実践にトライした教師に,その様子を報告してもらい,先の共通理解を確認することとなった。

|

« WALS2014を終えて--次は-- | Main | 学校における実践研究のコンサルテーションに関する大学院の講義 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« WALS2014を終えて--次は-- | Main | 学校における実践研究のコンサルテーションに関する大学院の講義 »