« 学生が作る放送教育の実践プラン | Main | 連合教職大学院の説明会を終えて »

2014.12.12

「先導的な教育体制構築事業」における新たな学びワーキンググループ委員

 本日,午前中,文部科学省で催された 「先導的な教育体制構築事業」に関する会議に出席した。この事業における「新たな学びワーキンググループ」委員の委員を拝命することになったからだ。この事業の趣旨は,次のとおりである。

 変化の激しい社会を生きる子供たちに必要な力を育むためには、情報通信技術の進展に応じて、学校と家庭が連携し、教育内容・方法、教育システムなどを効果的に改善して、子供たちに確かな学力を育成することが求められている。
 確かな学力を身に付けるために、ICTの積極的な活用を通じた指導方法・指導体制の改善により、協働型・双方向型の授業への革新を図るなど、新たな学びを推進するため、総務省と連携して各地域において、クラウド・コンピューティング技術など最先端の情報通信技術を活用し、異なる学校間及び学校と家庭との連携を深め、新しい学びを推進するための指導方法の充実、教材・指導実践事例等の共有など、先導的な教育体制の構築に資する研究等を行う「先導的な教育体制構築事業」を実施するに当たり、本事業についての指導・助言、評価等を行うため、教育の情報化に関する有識者、行政関係者、民間関係者等から構成される協議会及びワーキンググループを開催する。

 推進会議,ワーキンググループともに,知り合いも多いし,なにより親委員会の推進会議の座長は,東北大学の堀田先生である。彼の運営であれば,この事業は,必ず,よい成果を生み出せるであろう。

|

« 学生が作る放送教育の実践プラン | Main | 連合教職大学院の説明会を終えて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学生が作る放送教育の実践プラン | Main | 連合教職大学院の説明会を終えて »