« 学校における実践研究のコンサルテーションに関する大学院の講義 | Main | 学校研究の好事例の収集と整理・発表(教職ファシリテーター論の発表にて) »

2014.12.03

世界最協の子どもたち(尼崎市立塚口小学校)

P1060209P1060223 尼崎市立塚口小学校の教師たちは,本年度,「豊かな表現力をもつ子どもの育成」に関する実践研究に着手している。それは,「重点的に指導する活動(総合的な実践の場)」と「繰り返し指導する活動(スキル習得の場)」という二本柱で進められている。同校で,本日,前者に位置づく研究授業(6年生国語「海の命」)が公開され,それに基づく協議が放課後催された。子どもたちは授業で,教師たちは協議会の場で,しっかり学びあっていた。特に,研究授業が実施されたクラスの子どもたちの聞き合いは見事で,彼らは,仲間の言葉に耳を傾け,それにうなづいたり,気づきを口にしたりして,豊かに反応していた。そして,教室には,学ぶ集団としての彼らを象徴する「世界最協」という掲示物が残されていた。

|

« 学校における実践研究のコンサルテーションに関する大学院の講義 | Main | 学校研究の好事例の収集と整理・発表(教職ファシリテーター論の発表にて) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学校における実践研究のコンサルテーションに関する大学院の講義 | Main | 学校研究の好事例の収集と整理・発表(教職ファシリテーター論の発表にて) »