« 学校研究の次年度プランの作成と発表(教職ファシリテーター論の発表にて) | Main | 大阪教育大学連合教職大学院の初めての入学試験 »

2015.01.30

「大阪市学校教育ICT活用事業」のモデル校としての授業公開の第6回目(阿倍野小学校)

 本日の午後,「大阪市学校教育ICT活用事業」のモデル校の1つである,阿倍野小学校で,タブレット型PCや電子黒板等を活用した6つの授業が公開され,それに関する協議のための分科会,そして全体会が催された。この授業公開の集い,2年間で6回目を迎えた。大したものである。
P1070149P1070151 2年間の実践研究の蓄積で,ICT活用と協働的な学びの接点がたくさん見いだされた。例えば,写真は,6年生の子どもたちが,現代的な課題について調べたことを,デジタルストーリーテリング的に,お話にまとめていく,国語科の授業である。よい意味で社会科と図工科と国語科が渾然一体となった,ユニークな授業であった。こうした創造的な授業が増えてきた阿倍野小学校のICT活用は,今後さらに発展するに違いなかろう。

|

« 学校研究の次年度プランの作成と発表(教職ファシリテーター論の発表にて) | Main | 大阪教育大学連合教職大学院の初めての入学試験 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学校研究の次年度プランの作成と発表(教職ファシリテーター論の発表にて) | Main | 大阪教育大学連合教職大学院の初めての入学試験 »