« 同じ題材を扱った2つの授業を同時に見学して | Main | 掲示物の内容を真に子どもたちのものにする »

2015.01.27

教育支援人材養成プロジェクトの成果を大学の教員養成カリキュラムへ

P1010329P1010342 本日の講義「教育実践の研究Ⅱ」において,,尼崎市教育委員会スタッフに,同市のスクールサポーター制度を紹介してもらい,同時に,サポーターを募ってもらった。これは,いわゆるHATOプロジェクトの一環として企画・運営している,「教育支援人材」の養成や活用プロジェクトの一環である。プロジェクトの中間成果を大学の教員養成カリキュラム等に活かそうとするものだ。
 尼崎市教育委員会内に設置した,コーディネーターアドバイザーの取材活動の成果をもとに,同市のスクールサポーターの役割や学生にとっての意義等をプレゼンテーションしてもらった。ショートムービーの作成など,若いアドバイザーならではのレポートとなった。学生たちは,不登校児童等の家庭訪問などに興味を抱いたようだ。

|

« 同じ題材を扱った2つの授業を同時に見学して | Main | 掲示物の内容を真に子どもたちのものにする »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 同じ題材を扱った2つの授業を同時に見学して | Main | 掲示物の内容を真に子どもたちのものにする »