« 大学入試センター試験の監督業務を終えて | Main | 大阪教育大学附属平野小学校の授業研究発表会(2月7日) »

2015.01.19

研究授業に自我関与する(彦根市立稲枝中学校)

P1060853 彦根市立稲枝中学校は,今年度も,「思考力を育成する学びの工夫・改善~課題設定・学び合い・自己評価~」という研修主題の下,全教員が「一人一実践」に取り組んでいる。年間4日間の授業研究会の日には,多くの教師たちが研究授業を公開する。19日,5時間目には並行して5つの授業が,そして6時間目には初任者の研究授業が公開された。それぞれ,指導案に上述した視点に基づく授業づくりの工夫を記して,つまり,研究テーマに即した授業改善を意識して,授業をデザインし,同僚に公開していた。そして,その妥当性やさらなる改善を放課後,協議していた。
P10608871 注目すべきは,授業者のそうした熱意に呼応するように,研究授業を見学している教師たちの様子である。彼らは,研究授業に自我関与している。当事者意識を有して研究授業に臨み,子どものつぶやきに耳を傾け,気づきをしっかりと指導案等に記し,自分が授業者だったらと考えている。時には,自然に,授業にも参画し,子どもたちの学びを支えたりもする。それらの姿は,稲枝中学校の校内研究の充実を物語るものだ。そうした教師たちの学び合いの熱が子どもたちのそれに再帰していることは間違いなかろう。

|

« 大学入試センター試験の監督業務を終えて | Main | 大阪教育大学附属平野小学校の授業研究発表会(2月7日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 大学入試センター試験の監督業務を終えて | Main | 大阪教育大学附属平野小学校の授業研究発表会(2月7日) »