« 修論提出まで,あと1年(を切った) | Main | 教育支援人材養成プロジェクトの成果を大学の教員養成カリキュラムへ »

2015.01.26

同じ題材を扱った2つの授業を同時に見学して

 北海道の小学校を訪問し,そこで,高学年の授業を4つ見学した。そのうち,2つは,第6学年の国語の文学的な文章の指導であった。しかも,同じ場面の読解であった(オープン教室なので真ん中に立つと両方の教室が見える)。2つの授業の中心発問は同じものであったが,その前後の活動や板書などは,クラスによって異なっていた。当該学校は,思考力等の育成を学び合いを通じて推進するという内容の研究を企画・運営しているが,そこでも,教師間の指導の共通性とクラスの実態に応じた多様性を両立させるようにしていると聞いた。そうした姿勢で校内研修を進めている学校の教師たちは,謙虚さと自信を兼ね備えて子どもたちを導いていた。

|

« 修論提出まで,あと1年(を切った) | Main | 教育支援人材養成プロジェクトの成果を大学の教員養成カリキュラムへ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 修論提出まで,あと1年(を切った) | Main | 教育支援人材養成プロジェクトの成果を大学の教員養成カリキュラムへ »