« 学力向上に資する授業 | Main | 大学入試センター試験の監督業務を終えて »

2015.01.16

全放連の研究プロジェクトの研究授業に学ぶ

P1060707P1060734 本日,さいたま市立仲町小学校で,全国放送教育研究会連盟(全放連)の「子どもが生き生きと学ぶ放送学習プロジェクト」の授業研究会が催された。研究授業を公開したのは,放送教育の大ベテランの鶴田教諭である。2年生の子どもがNHK学校放送番組『おはなしのくに』「かさじぞう」を視聴し,この題材から学んだことを自由に表現していた。
 鶴田教諭は,継続視聴によって子どもたちと番組の出会いを重ね,その結果,彼らが自然に,また(自分の思いに基づいて)多様に,番組に反応している様子,またそれを豊かに(自由に,のびのびと)表現している姿に,私を含む研究授業参観者は多くを学んだ。そして,それを誘う放送番組の教材性としての特長,それを十分に引き出す術について再考した。

|

« 学力向上に資する授業 | Main | 大学入試センター試験の監督業務を終えて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学力向上に資する授業 | Main | 大学入試センター試験の監督業務を終えて »