« 「学び続ける教師」の象徴的存在 | Main | 子どもとともに学び続ける(大阪教育大学附属平野小学校の授業研究発表会) »

2015.02.06

授業におけるICT活用がイノベーション過程に進展すると

P1070438P1070467 本日の午後,「大阪市学校教育ICT活用事業」のモデル校の1つである昭和中学校で,タブレット型PCや電子黒板等を活用した6つの授業が公開され,そして全体会が催された。写真のように,子どもたちは,それらのICTを活用して,思考力・判断力・表現力を培うための学習活動を充実させていた。例えば,国語科の授業では,「わたしの本」づくりという題材において,中学校生活を写真とテキストを用いてストーリーテリングする学習活動に子どもたちが従事していた。それは,自然に,美術や道徳の学びと直接・間接につながっているように思えた。すなわち,授業におけるICT活用がイノベーション過程に進展し,カリキュラムの統合が芽生えていると私には感じられた。

|

« 「学び続ける教師」の象徴的存在 | Main | 子どもとともに学び続ける(大阪教育大学附属平野小学校の授業研究発表会) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「学び続ける教師」の象徴的存在 | Main | 子どもとともに学び続ける(大阪教育大学附属平野小学校の授業研究発表会) »