« 「教育の情報化」実践セミナー2015in富山が成功裡に終わる | Main | 校内研修の整備・充実に欠かせない実践的リーダーシップ »

2015.02.15

高橋先生の研究室の卒論の発表を拝聴して

 日本教育工学協会(JAET)の「教育の情報化」実践セミナー2015in富山で,富山大学の高橋先生の研究室の学生さんが自身の卒論の内容をまとめて発表なさっているのを拝聴した。2件の報告はいずれも,その目的から結論に至る論理が確かで,しかも,プレゼンテーションに用いられたスライドが分かりやすく構成・デザインされていた。大したものである。同時に,そのテーマは,かなり実践的であり,学校現場の営みをリードする可能性を宿していた。つまり,教育実践の発展に資する,学術研究を志向していた。そのスタンスは,指導教員のフィロソフィーに依るのであろう。

|

« 「教育の情報化」実践セミナー2015in富山が成功裡に終わる | Main | 校内研修の整備・充実に欠かせない実践的リーダーシップ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「教育の情報化」実践セミナー2015in富山が成功裡に終わる | Main | 校内研修の整備・充実に欠かせない実践的リーダーシップ »