« よい授業は教科を越境している-ロンドンのMaryland Primary Schoolを訪問(第2日目) | Main | CPSHEの一環として子どもたちがリラクゼーションを »

2015.03.05

学校長は集会でよいお話しができないと務まらない(Maryland Primary Schoolにて)

P1070924 ロンドン東部のNewham区のMaryland Primary Schoolでは,たくさんの授業や教員研修の他にも,全校集会や学年集会も見学した。前者では,学校長のMs. Jacksonがwasteの問題を子どもたちにしっかり考えさせようと,働きかけていた。子どもたちに歩み寄りながら,クイズ交えたり,象徴的な映像を見せたりしながら,子どもたちが自身の行動を見直すように,上手に語っていた。要するに,管理職であっても,teacherとしての資質を有し,子どもたちに直接指導できる実力を有している。
 私は,2年間附属小学校で学校長を務めたが,全校朝会が一番苦手であった。週1回でも苦戦していたのに,Jackson氏は週2回,それを務めているという。英国の学校長は,その学校経営のシステム上,マネジメント能力に長けていないと務まらないのだが,それだけでなく,教師としても一流でないとダメなのであろう。

|

« よい授業は教科を越境している-ロンドンのMaryland Primary Schoolを訪問(第2日目) | Main | CPSHEの一環として子どもたちがリラクゼーションを »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« よい授業は教科を越境している-ロンドンのMaryland Primary Schoolを訪問(第2日目) | Main | CPSHEの一環として子どもたちがリラクゼーションを »