« パナソニック教育財団の実践研究助成の贈呈式にて | Main | カリキュラム開発におけるリーダーシップ »

2015.04.26

NHK学校放送の新番組の教材としての特性等を考える(第145回なにわ放送教育研究会)

150426 日曜日の夕方から,教職大学院の協働学習室ミーティングルームで第145回なにわ放送教育研究会が催された。本日はNHK学校放送の新番組『未来広告ジャパン!』『ココロ部』を視聴して,その教材としての特色や授業における利用可能性等を検討した。『未来広告ジャパン!』については,同じ学年・教科の番組である『社会のトビラ』の同じタイトルの回も視聴して,比較分析も試みた。いずれの番組についても,そのコンセプトが熟していない,あるいはコンセプトと番組の構成が呼応していないのではないかという意見が登場した。しかし,番組は子どもに見せてみないと,その教材力を最終的には評価できないので,メンバーが次回までに番組を教室で利用し,その反応を報告してくれることとなった。

|

« パナソニック教育財団の実践研究助成の贈呈式にて | Main | カリキュラム開発におけるリーダーシップ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« パナソニック教育財団の実践研究助成の贈呈式にて | Main | カリキュラム開発におけるリーダーシップ »