« 連合教職大学院の最初の講義「校内研修のマネジメント」 | Main | 看護教育における授業研究に関する勉強会を今日も開催 »

2015.04.10

連合教職実践研究科の実習ガイダンス

P10105451P1010541 教職大学院のカリキュラムの修得単位は46単位である。そのうち,学校実習が10単位を占める。大阪教育大学大学院連合教職実践研究科では,現職教員も学修テーマに応じた実務を遂行する形で,実習に従事する(つまり,現職教員であっても,実習の免除がない)。要するに,学校課題の解決に資するアクションを現職教員が起こすこと,それを精緻に進めること,それを大学教員が多面的にサポートすることが実習になるわけだ。本日は,全体,コース別と2層にわたって,実習のガイダンスが行われた。実習部会のメンバーが実習の枠組み,要点を手際よく説明してくれた。

|

« 連合教職大学院の最初の講義「校内研修のマネジメント」 | Main | 看護教育における授業研究に関する勉強会を今日も開催 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 連合教職大学院の最初の講義「校内研修のマネジメント」 | Main | 看護教育における授業研究に関する勉強会を今日も開催 »