« 大阪教育大学附属平野小学校の授業研究発表会(平成28年2月13日) | Main | 日々の授業におけるちょっとした工夫 »

2015.05.28

教職大学院の学校実習のコース別リフレクション

 大阪教育大学を基幹大学とする連合教職大学院が発足してから,2ヶ月近くが過ぎた。10単位を数える学校実習の最初のものである「基本学校実習Ⅰ」も半ばを迎えた。全体でのオリエンテーションの後,大学キャンパスでも,実習校でも,院生,その上司,その同僚と学校課題の解決に向けたアクションを構想してきた。また,一部を実行してもらってきた。それらの過程,成果と課題を私と院生で振り返る時間を設定してきたが,来週末に,コース単位での振り返りの機会が作られることになった。その報告内容や発表方法を本日,確認した。修士論文作成時にも構想発表会,中間発表会が催されるが,学校実習には,それに似た集いが短いサイクルで数多く設定されるため,それらに対する備えを意識しておかねばならない。なかなか大変であるが,院生にとっても,指導教員にとっても,学校課題の解決に向けた取組を継続・発展させる,よきステップとなろう。

|

« 大阪教育大学附属平野小学校の授業研究発表会(平成28年2月13日) | Main | 日々の授業におけるちょっとした工夫 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 大阪教育大学附属平野小学校の授業研究発表会(平成28年2月13日) | Main | 日々の授業におけるちょっとした工夫 »