« 研究会でカリキュラム研究の学術的潮流について考える | Main | 連合教職実践研究科の授業研究会 »

2015.05.18

三重県教育委員会の授業研究担当者育成プログラム

P10806271P1080630 三重県教育委員会は,平成23年度から,「みのえ教職員授業力向上支援事業」の一環として,「授業研究担当者育成プログラム」を企画運営している。年間5回の連続講座である。講座を受講することで,自動的に,校内研修の企画・運営に関するPDCAサイクルを展開することになる。
 本日は,本年度の第1回目の研修会であった。県内の18校で校内研修を企画・運営しているミドルリーダーたちが集い,私の講義やグループ協議によって獲得した視点を参考にして,所属校の校内研修のデザインや自らのアクションについて検討していた。
 研修の評価アンケートで満足度をたずねると,全員が「1 満足」と回答してくださったそうだ。そうした反応を年度末まで得られるよう,三重県教育委員会のスタッフも,私も,研修プログラムをさらに工夫し続ける。

|

« 研究会でカリキュラム研究の学術的潮流について考える | Main | 連合教職実践研究科の授業研究会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 研究会でカリキュラム研究の学術的潮流について考える | Main | 連合教職実践研究科の授業研究会 »