« 連合教職実践研究科の授業研究会 | Main | 教職大学院の教育実践コーディネートコースの院生たち(現職教員)が校内研修のマネジメント能力を高める »

2015.05.20

「教育課程編成の今日的課題」の前半を終えて

 連合教職実践研究科の共通科目「教育課程編成の今日的課題」は,本日で5回目となった。これまでは,教育課程の概念,学習指導要領の変遷等を講じてきた。本講義の中盤は,現行学習指導要領の特徴の整理,に基づく事例分析であるが,本日は,そのスタートとなり,中教審の答申や学習指導要領総則の解説書の内容を抜粋して,学習指導要領改訂のポイントや教育課程実施上の配慮事項を,院生に解説した。
 講義が終わったら,数名の院生が質問にやって来てくれた。このところ,そのような姿が増えてきたと思う。毎回,実務家教員と協議して,本時の学習過程を工夫していることが功を奏しているのだろうか--いずれにしても,かつてないほど,講義の準備に時間を費やしているし,それは,大学教員として必要な学びである。今日も,講義後二人で話し込み,23時近くになった。

|

« 連合教職実践研究科の授業研究会 | Main | 教職大学院の教育実践コーディネートコースの院生たち(現職教員)が校内研修のマネジメント能力を高める »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 連合教職実践研究科の授業研究会 | Main | 教職大学院の教育実践コーディネートコースの院生たち(現職教員)が校内研修のマネジメント能力を高める »