« 1日に2つのベクトルで授業研究に接近(小学校と連合教職実践研究科の授業研究会) | Main | 洋書の翻訳をがんばる »

2015.06.26

今日も,NHK学校放送の新番組の教材としての特長を考える(第147回なにわ放送教育研究会)

P1020113 本日19:30から,教職大学院の協働学習室会議スペースで第147回なにわ放送教育研究会が催された。本日は,先月に続いて,NHK学校放送の新番組『ココロ部!』を利用した実践の方向,同じく新番組『未来広告ジャパン!』の番組分析等をおこなった。
 後者については,制作者の方も研究会に参加していただいたので,制作の裏話等もお聞きしながら,当該番組の新しい可能性や課題について,多面的に議論した。第3回と第6回を視聴して意見を交換したが,私は,回を重ねて(試行錯誤を経て?),当該番組は,その特長がはっきりしてきたように感じた。

|

« 1日に2つのベクトルで授業研究に接近(小学校と連合教職実践研究科の授業研究会) | Main | 洋書の翻訳をがんばる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1日に2つのベクトルで授業研究に接近(小学校と連合教職実践研究科の授業研究会) | Main | 洋書の翻訳をがんばる »