« 今日も学校実習の指導にフィールドへ | Main | 校内研修の好事例を収集し,発表する(連合教職大学院の講義「校内研修のマネジメント」にて) »

2015.06.17

連合教職実践研究科の必修科目「教育課程編成の今日的課題」の授業研究

P1020021P1020023 大阪教育大学大学院連合教職実践研究科の修士1年生が共通に学ぶ科目の1つ「教育課程編成の今日的課題」を私は,実務家教員の方と共同で計画・実施・評価している。毎週毎週,講義の前後で,各回のコンセプトを話し合い,役割分担を考えたり,資料を共同で作成したりしている。
 いよいよ,来週は,この授業を他の教員に公開する,授業研究会の日となる(FD活動の一環)。本日も,講義後,その指導プランの策定に時間を費やした。研究者教員と実務家教員のティームティーチングの妙をどのように示すか--これまでの取り組みの蓄積から,いろいろ考えてみた。

|

« 今日も学校実習の指導にフィールドへ | Main | 校内研修の好事例を収集し,発表する(連合教職大学院の講義「校内研修のマネジメント」にて) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今日も学校実習の指導にフィールドへ | Main | 校内研修の好事例を収集し,発表する(連合教職大学院の講義「校内研修のマネジメント」にて) »