« 指導の一貫性を高めるために(有田川町立鳥屋城小学校の授業研究会) | Main | 大阪市や大阪府の「教育の情報化」の現状,その行方 »

2015.06.04

学び続ける大学教員として

 いくつかの大学に常勤,非常勤として勤務すると,それぞれの大学の学生のムードやニースに応じた講義をしなければならなくなる。指導する内容が同じであっても,その焦点化,そのスピード,その語り口などを変えないと,講義が充実しない。分かっているけれども,相手やフィールドに応じて,講義の組み立て,その運用を変えるのは,簡単ではない。しかし,それを積極的にやると,それなりによい反応を得られる。どこまで,いつまで,学び続ける姿勢を持てるか--教員である限り,それをやり続けようと今は思う。

|

« 指導の一貫性を高めるために(有田川町立鳥屋城小学校の授業研究会) | Main | 大阪市や大阪府の「教育の情報化」の現状,その行方 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 指導の一貫性を高めるために(有田川町立鳥屋城小学校の授業研究会) | Main | 大阪市や大阪府の「教育の情報化」の現状,その行方 »