« June 2015 | Main | August 2015 »

2015.07.31

IMETSフォーラム2015にて対談

 昨日,本日と,港区立三田中学校にて,IMETSフォーラム2015(第42回教育工学研修中央セミナー)が催された。その主題は,「デジタル時代の教師と子どもの学び」である。講演や事例発表,ワークショップ等,盛りだくさんの内容だ。私は,フォーラムの最後のパートである,「デジタル時代に求められる学校システム」と題する対談の登壇者の1人となった(もう1人は,つくば市総合教育研究所・副所長の毛利先生)。小中一貫教育,ICT活用,21世紀型スキルの育成等で名高い,つくば市立春日小中学校(春日学園)の事例,その詳細を題材にして,教育の情報化の進展に伴う学校改革の行方を語った。

| | Comments (0)

2015.07.30

今日は、ちょっと、お休み

23時を過ぎて、研究室を出ることとなった。だから、今日は、ちょっと、ブログの記事投稿はお休みだ。いろいろ、書きたいこともあるのだが。

| | Comments (0)

2015.07.29

連合教職実践研究科の必修科目「教育課程編成の今日的課題」を終えた

P1020416 大阪教育大学大学院連合教職実践研究科の修士1年生が共通に学ぶ科目の1つ「教育課程編成の今日的課題」を私は,実務家教員の方と共同で計画・実施・評価している。毎週毎週,講義の前後で,各回のコンセプトを話し合い,役割分担を考えたり,資料を共同で作成したりしてきた。
P1020416_2 この講義が本日,第15回目を迎えた。この講義の終盤,院生たちは,所属校等の学力実態をもとにして,児童・生徒の学力向上のための教育課程の編成案を作成する。いずれのプランも,ターゲットにする学力要素を見定め,それを高めるためのカリキュラムをマクロ的に,またミクロ的に,そして実現可能性を踏まえながら,構想していた。
 講義の最後の振り返りにおいて,多くの院生から,教育課程編成の主体が教師や学校であることや,学習指導要領が大綱的であるゆえに教育課程はかなり柔軟に編成できることを実感したというコメントが寄せられた。

| | Comments (0)

2015.07.28

附属平野小学校の道徳教育推進研修会

P1090905P10909141 大阪教育大学附属平野小学校にまたまた出かけた。同校の教師たちは,今日,道徳教育推進研修会を催した。それを見学するためだ。当該研修会をコーディネートするのは,私が教職大学院で学校実習等の指導を担当している吉松さんだ。彼は,附属平野小学校における道徳教育を充実させるべく,前期,様々なアクションを繰り広げてきた。本日の研修会は,その集大成とも言えるものだ。「特別の教科 道徳」のスタートをにらみ,附属平野小学校の道徳教育のスタンダードを策定すべく,本日もよい提案を試みていた。

| | Comments (0)

2015.07.27

三重県教育委員会の授業研究担当者育成プログラム

P10908361P1090871 三重県教育委員会は,平成23年度から,「みのえ教職員授業力向上支援事業」の一環として,「授業研究担当者育成プログラム」を企画運営している。本日は,本年度の第2回目の研修会であった。県内の18校で校内研修を企画・運営しているミドルリーダーたちが集い,所属校の校内研修の進捗状況について交流すると共に,模擬授業研究会を体験して,2学期以降の校内研修の充実に向けて,そのプランの再構築を図っていた。今回,模擬授業研究会の研究授業の指導者役とを指導主事が果たすというチャレンジが登場していた。これまでは,子ども役は指導主事が担当していたが,指導者役は,このプログラムを前年度受講した教員が務めていたのであるが,三重県教育委員会のスタッフは新たな進め方を導入していた。そうした挑戦は,研修講座がマンネリに陥らないために,極めて重要なことである。

| | Comments (0)

2015.07.26

「教育の情報化」実践セミナー2015in高知,成功裡に終わる

P1090806P1090826 7月26日(日)10:00~16:00に,高知大学朝倉キャンパスを会場にして,日本教育工学協会(JAET)の「教育の情報化」実践セミナー2015in高知が催された。今回のセミナーのテーマは「21世紀型学力の育成を目指した授業づくり-ICT活用による協働学習の充実-」である。放送大学の中川先生の基調講演,5つの実践報告,ワークショップ(各種機器の体験と活用にむけたアイデアの交流)の他に,企業展示ブースの見学タイムも用意されている。そして,最後は,中川先生と私の対談が用意された。二人で,21世紀型能力の主柱とその具体化,協働学習の基本と応用,そして,ICT活用による協働学習の充実の可能性について整理した。
 昨日から本日にかけて,高知,そして四国でICT活用等に取り組む実践者と交わったが,その熱意をひしひしと感じた。また,彼らとともにセミナーの企画・運営に尽力してくださった高知大学の小島先生,島田先生に心より御礼申し上げる。
 

| | Comments (0)

2015.07.25

教職大学院の基本学校実習Ⅰのフィナーレ

P1020401P10204082 4月にスタートした,我が大阪教育大学連合教職大学院の前期が終わろうとしている。教職大学院のカリキュラムのシンボル的存在である学校実習の1つ「基本学校実習Ⅰ」のフィナーレたる,全体RM(Reflection Meeting)が本日,催された。

| | Comments (0)

2015.07.24

早め早めに校内研修の取り組みを進めることができる学校

 尼崎市立立花西小学校は,今年度,「学び合い,ひびき合う子ども~書く力を生かして伝え合う授業をめざして~」という研究テーマを設定して,国語科の授業づくりを工夫している。そして,その成果の一端を平成28年1月22日の阪神地区の国語教育の研究大会の会場校となって,授業公開等を催す。また,それに向けて,秋に集中的に授業研究会を実施する。1月の研究大会までかなり時間があるのだが,7月中に,その時の指導案の暫定版を作成し,検討を始めている。また,それを踏まえて,8月下旬には,その修正版に関する検討会も設定されると聞いた。早め早めに校内研修の取り組みを進めることができる学校は,やはり,成果を得やすい。立花西小学校も,きっとそうなるだろう。

| | Comments (0)

2015.07.23

大学院修論ゼミの夏の合宿研究会

 8月16日(日)に,大学院(実践学校教育専攻の)修論ゼミの合宿研究を催す(今年は,人数の関係でOne dayとなったが)。8月29日(土)に催される,大学院実践学校教育専攻の修論中間発表会に臨むM2の院生が,その予行演習をする機会である。M1にとっては,春から検討してきた,修論の構想を発表し,先輩からアドバイスをもらう集いとなる。そして,我が研究室で修論を仕上げたOBにとっても,「修論とその後」を語る舞台となる。このOBの参加は,院生たちにとっては,ある種のロールモデルだ。同時に,本人たちにとっても修論の発展をあらためて考える機会となっている。
 今年度,私は,教職大学院に配置換えとなり,実践学校教育専攻の院生の指導は延長戦なのであるが,それでもなお,この院生の夏の合宿研究会は,私にとって,大阪教育大学に異動してきて始めた,記念碑的取り組みである。だから,その可能性をもう少し追究してみたいと思う。

| | Comments (0)

2015.07.22

教職大学院の基本学校実習も最終局面を迎えて

 4月にスタートした,私たちの教職大学院(大阪教育大学連合教職大学院)も,最初のセメスターの終わりが近づいた。そのカリキュラムの主柱の1つである,学校実習の取り組みもまとめに入った。7月25日に,ポスター形式の報告会が催されるのであるが,そのための準備に,院生も,私たち指導教員も努力を傾注している。今日は,21:20くらいから22:45くらいまで,ポスター発表の質疑応答のシミュレーションをおこなった。

| | Comments (0)

2015.07.21

附属平野小学校のオープンカフェで授業づくりについて語り合う

P1090640 本日,大阪教育大学附属平野小学校は,第5回「Open Cafe」を催した。これは,同校の地域貢献プロジェクトである。若手教師や教員志望学生のために,附属平野小学校の教師たちが授業を公開し,それをもとにした対話の機会を設定するものだ。
P1090774 本日は,8つの授業が公開され,それを起点とする講習会が設定された。また,講習会終了後には全体会において,飲み物やお菓子をとりながら,フランクに,授業づくりについて意見交換する場=全体会も用意された。40人ほどの若手教師や教員志望学生が参加し,日頃の悩みやチャレンジについて語り合っていた。各講習会では,少人数だからこそできる豊かな対話が成立していたように思う。それをプロデュースした,附属平野小学校の同プロジェクトのメンバーの努力のたまものである。

| | Comments (0)

2015.07.20

夏休みの校内研修はまず,ポスター発表形式の実践報告会を

 多くの小中学校は,夏休みとなった。この期間に,授業づくりやカリキュラム開発に関する校内研修が催される学校は,学校における実践研究のPDCAサイクルを順調に歩めることになろう。とりわけ,1学期のそうした営みの総括がなされることが期待される。その一環として,私は,1学期の各教諭の授業をポスター発表形式で報告する集いを催すことを推奨している。それによって研究テーマに照らして,実践研究がどのように進展したのかをチェックできるからだ。また,同僚間で実践アイディアを共有化できる(それを促進できる)からだ。そして,残る夏休みの期間に何をすべきかを再確認できるからだ。

| | Comments (0)

2015.07.19

日曜日だけど,堺市教育振興基本計画懇話会へ

 日曜日の午前中だが,堺市役所へ。堺市教育委員会の教育振興基本計画懇話会に出席するためだ。今日が第2回目であり,第2期の教育振興基本計画の骨子が事務局から示された。第1期のものの継承すべき点と改善すべき点,さらには発展させるべきものがよいバランスで配置されている。さすがに,堺市である。もちろん,いろいろ議論すべき点があり,私も,委員の一人として,いくつかの検討事項を述べた。次回は,10月初旬となる。

| | Comments (0)

2015.07.18

「教育の情報化」実践セミナー2015in高知が近づく

 7月26日(日)10:00~16:00に,高知大学朝倉キャンパスを会場にして,日本教育工学協会(JAET)の「教育の情報化」実践セミナー2015in高知が催される。これは,日本教育工学協会(JAET)が年3回実施している,教育の情報化に関する実践的セミナーである。今回のセミナーのテーマは「21世紀型学力の育成を目指した授業づくり-ICT活用による協働学習の充実-」である。放送大学の中川先生の基調講演,5つの実践報告,ワークショップ(各種機器の体験と活用にむけたアイデアの交流)の他に,企業展示ブースの見学タイムも用意されている。そして,最後は,中川先生と私の対談が用意されている。半日のセミナーとしては,かなり充実したプログラムとなっていると思う。会場担当の高知大学の島田先生のていねいな働きかけのおかげで,70人の定員をはるかに上回る申し込みがあり,会場と変えることとなった。日曜日にも関わらず参加してくださる方に喜んでいただけるようなセミナーになることを,担当副会長として祈念している。

| | Comments (0)

2015.07.17

今年も,卒論ゼミOBによる実践報告会を

 8月9日(日)の午後,かつて卒論指導を担当したゼミ生OBたちの有志が,研究室に戻ってきてくれる。この1年,特に今年度の1学期にどのようなことに取り組み,何に悩み,それにどう向かってきたかをレポートしてくれる。そして,彼らのリアルな語りを現役卒論ゼミ生が聞く。それを題材にして,参加者間でコメントを繰り広げる。私が大阪教育大学で卒論ゼミを担当するようになってから,今年で8年目(異動してきて9年目)。この実践報告会は,私の研究室にゆかりのある教師や教員志望学生がコミュニケーションを繰り広げ,ネットワークを構築する舞台である。私が誇る,実践コミュニティだ。
 この取り組み,毎年,とても楽しみにしている。今年は,どのような語りと探究が実現するであろうか。教職大学院に異動したので,学部の卒論ゼミの運営は今年度で最後になるが,それでもなお,このOB実践報告会は続けてみたいと思っている。

| | Comments (0)

2015.07.16

なんとか講義を実施できた(台風が迫ってきたが)

 今夜遅くになって,大阪市にも,暴風警報等が発せられた。木曜日は,午前中は非常勤講師としての他大学の講義,そして夜になって本務の教職大学院の講義がある曜日だ。前期の終わりになって休講になると,講義のゴールに至るステップが狂う。だから,予定どおり講義を実施したいと願っていたが,本日はなんとかやるべきことができた。よかった。それにしても,毎年,台風や大雨,インフルエンザ等で休講になる事態が生ずるように思う。講義の内容だけでなく,そのスケジュールのマネジメントも問われるようになった。

| | Comments (0)

2015.07.15

3ヶ所の仕事は,大変だ

 今日も,3ヶ所を移動して,働いた。まず,大阪府教育センターへ。連合教職大学院の学校実習の指導のためである。院生が実施したアンケート調査の結果の分析方針等についてアドバイスした。それから,本部事務局のある柏原キャンパスへ。1時間ほどの会議に出席し(というか,私がとりまとめ),その後,天王寺キャンパスへ。卒論指導,講義など。やっぱり,3ヶ所で働くのは大変だ。しかし,明日も,非常勤,学校実習のため大阪市教育センターへ,そして天王寺キャンパスか--。

| | Comments (0)

2015.07.14

授業におけるICT活用が定着している学校(大阪市立本田小学校)

P1090557P1090568 本日,日本教育工学協会(JAET)の事業のため,大阪市立本田小学校を訪れた。同校は,大阪市教育委員会による「大阪市学校教育ICT活用事業」のモデル校の1つである。私が同事業でコーディネータを務める大阪市立阿倍野小学校と同様に,タブレット型端末を各学年に40台以上配備し,それを糧として,先導的な実践を重ねてきた学校である。
 本日,様々な教室を訪問し,同校では,授業におけるICT活用がすっかり定着していることがよく分かった。あらかじめ,どの教室に行くかを決めていなかったのに,どの教室に行っても,教師と子どもによって,ICT環境を活かした学びが構成されていた。

| | Comments (0)

2015.07.13

「先導的な教育体制構築事業」の一環として荒川区立諏訪台中学校を訪問

 文部科学省と総務省が協力して企画・運営される「先導的な教育体制構築事業」の一環で,荒川区立諏訪台中学校を訪問し,社会科の歴史の授業を見学した。この学校には,いわゆるOne to one computingが実現しており,各生徒がマイタブレットを有している。そうした環境における学びを蓄えて,生徒たちは,タブレット型端末をすいすいと活用し,社会的な思考,このケースでは,織田信長と豊臣秀吉の戦国武将としての特徴の考察を繰り広げていた。
 荒川区の学校は,教育委員会の先見の明によって,教育の情報化を順調に進めているようだ。大したものである。

| | Comments (0)

2015.07.12

神戸創生戦略プロジェクトチーム施策討議会

P1090467P10904701 本日,新神戸駅近くのANAクラウンプラザホテル新神戸のホールで,神戸創成戦略プロジェクトチーム施策討議会が催され,私も,委員の一人として参加した。神戸創生のためのアイデアを自由に出し合い,それお事業案にまとめていく集いである。私たちが担当したのは,「教育・IT」である。8名のメンバーとサポーターで,ブレインストーミング的意見交換を続け,神戸ラブカリキュラム,神戸すてき学園の開設,神戸ラブ・ロードの創設,神戸ラブ親サロンの用意等の事業案を考えた。

| | Comments (0)

2015.07.11

連合教職大学院の説明会(平成27年度第1回)を天王寺キャンパスで

P1020320 本日,天王寺キャンパス西館2階及び3階において,大阪教育大学連合教職大学院の説明会を催した。森田研究科主任のご挨拶の後,私が,我が連合教職大学院の特色をアピールした。その後,入試情報を提供した後,授業見学,コース別説明と続いた。最後には,個別相談の機会も提供した。入試は,11月14日に実施するが,それまでに,まだ,いくつか説明会が催される。大阪教育大学で,連合大学の関西大学や近畿大学で。

| | Comments (0)

2015.07.10

大阪市教育センターの研修事業評価会議

 大阪市教育センターの研修事業評価会議に出席した。この会議は,同センターの研修講座や各種事業について,関係者評価や第三者評価を繰り広げる機会である。数年前から,私も,委員として参加している。
 ここ数年,同センターは,研修講座や事業の見直しを進め,その量的・質的充実に努めている。今年度も,10年経験者研修の改革や外部委託等の新しい研修のトライアルといったチャレンジを構想し,実践している。学び続ける教師を育てるために,教育センターのスタッフも,アイデアを精錬し続け,また知恵を結集し続けている。その姿勢と努力に,委員の一人として敬意を表したい。

| | Comments (0)

2015.07.09

大阪教育大学附属平野小学校のオープンカフェ

 大阪教育大学附属平野小学校は,今年度も,「Open Cafe」」を夏休みに催す(7月27日,8月31日)。これは,同校の研究プロジェクトの1つである。若手教師や教員志望学生のために,附属平野小学校の教師たちが授業を公開し,それをもとにした対話の機会を設定するものだ。研究発表会とは異なり,気楽に,また若手教師等のニーズに応じた話題をもとに,授業づくりに関して意見交換ができることが特徴である。ぜひ参加されたい。私も,見学に行く。

| | Comments (0)

2015.07.08

家庭科の授業で川柳を作る

P10202331P1020242 大阪教育大学附属天王寺中学校の家庭科で,第1学年の子どもたちが消費生活について思考する授業を再度見学した。授業者は,先日は悪徳商法対策ゲームを導入し,子どもたちに悪徳商法の問題性を疑似的に体験させ,また,その内容を盛り込んだカードゲームを子どもたちに作成させ,それを家族等とやってくるという流れを用意した。また,そのカードゲームの内容をアピールする文章やそれを象徴する川柳を子どもたちに作成させるという,手だてもこうじた。家庭科における活用型授業の成立,とりわけ教材開発×言語活動の充実によってアクティブ・ラーニングを実現した,好事例と言えよう。

| | Comments (0)

2015.07.07

子どもたちが情報活用能力を高める学校(京都教育大学附属桃山小学校)

P1090440P1090466 ある事業のために,京都教育大学附属桃山小学校を訪問した。同校は,研究開発学校としてメディア・コミュニケーション科を創設して,子どもたちの情報活用能力を高める指導を組織化した学校である。長いつきあいのある,京都教育大学の浅井先生が学校長を務めていらっしゃった時代にそれは始まった。研究開発学校としての取り組みを基盤にして,同校のメディア・コミュニケーション科は,同校の教育実践に定着していることが分かった。本日も,4年生が複数の情報手段についてその特性をベン図を用いて整理する授業を目にすることができた。そして,そうした学習経験が,子どもたちの各教科における学習活動,例えば3年生が京都市の地域的特色を地図に表す活動にも好影響を及ぼしていることが分かった。

| | Comments (0)

2015.07.06

子どもたちが適用問題にしっかり取り組む

P1090329P1090328 丹波市立和田小学校の教師たちは,今年度,「学ぶ楽しさを感じ,確かな学力を身につける子どもの育成~学び合いを大切にした効果的なICTの活用~」という研究主題を掲げ,実践研究に取り組んでいる。その授業は,同校のこれまでの学力向上・定着を目指す取り組みに基づき,教師たちが学習内容のポイントを焦点化して示し,子どもたちが適用題にしっかりとチャレンジするものとなっている。しかも,子どもたちの個人差に留意して,問題の難易度が異なるものが用意されている。
 さらに,いくつかの授業においては,子どもたちの思考がタブレット型端末と電子黒板によって共有化され,学び合いとICT活用のよい関係が授業を支えていた。それが発展するよう,私は,学び合いのベクトルの整理,思考力・判断力・表現力を育成するためのICT活用は教材の吟味に支えられていること等をアドバイスした。

| | Comments (0)

2015.07.05

日本カリキュラム学会第26回大会における研究発表を終えた(於:昭和女子大学)

P1090278_2P1090276_2 7月4,5日と,昭和女子大学を会場にして,第26回日本カリキュラム学会全国大会が催された。4日は自由研究発表Ⅰ-4において司会を担当し,全体討議を司った。発表者間のやりとりのプロデュース,共通する論点の導出,それらの整理をなんとかこなした。
 そして5日の自由研究発表Ⅱ-1において,「学校を基盤としたカリキュラム開発における管理的リーダーの役割の多様性-カリキュラム・リーダーシップ論を分析枠組みとして-」というタイトルで,研究発表を行った。発表練習が功を奏して,時間的,内容的にまずまずの発表になったと思う。同時に,フロアで我々の研究を聞いていただいた方から,いくつかの示唆を頂戴し,研究の次なる課題をいっそう自覚することができた。

| | Comments (0)

2015.07.03

岡山らしい先生と子どもたちの小学校

P1090205 岡山市立伊島小学校を訪問する機会に恵まれた。学校長は,私が岡山大学教育学部に奉職していた時代の知り合いで,当時,彼女が所属していた学校の総合的な学習のカリキュラム開発に協力した。
P1090272 伊島小学校の教師たちは,「学びの質を高め,確かな学力の育成をめざす授業づくり」という研究主題を掲げ,それを追究するための授業研究を重ねている。いずれの授業においても,めあてとまとめをていねいに行う,個人思考と集団思考を連続・発展させることに教師たちは取り組んでいた。子どもたちも,そうした支援に応えるべく,学習課題に真摯な姿勢で向き合っていた。ものごとに真面目に,一生懸命取り組む,岡山らしい先生と子どもたちの小学校である。

| | Comments (0)

2015.07.02

卒論ゼミ生が催すワークショップ(ステキな学校を創るための学校長のリーダーシップ)

P1020187P1020177 本日21:30前から,懐かしの(?)中央館213室で,我がゼミ生がワークショップを催した。彼は,ステキな学校を創るための学校長のリーダーシップについて研究を進めている。その一環として,教員志望学生の理想の学校像を調べるためのワークショップを企画・運営したのである。大阪教育大学第二部の学生たちは,彼のワークショップに積極的に参画し,よい意見を述べてくれていた。仲間の卒論のために貴重な時間を費やし,一生懸命(他人の卒論の)内容を考えてくれる,うちの大学の二部の学生を,私は大好きである(だから,今年度から教職大学院に配置換えとなり,彼らとの接点が少なくなって,ちょっと寂しい)。

| | Comments (0)

2015.07.01

毎日,もろもろがあって--

 昨日,本日と,もろもろがあって,ブログに記事を載せる時間がない。昨日は,午前中,非常勤講師として他大学で講義,午後は,まず大学で講義の準備をして,それから堺市の教育進行基本計画がらみの会議に出席し,大学に戻って大学院(実践学校教育専攻)のゼミを催した。終わったのは23時近くだ。
 本日は,午前中からお昼過ぎまで,学会発表準備の打ち合わせや作業(高知大学の島田先生と共同で発表する,カリキュラム学会)をおこなった。午後,八尾市の教育進行基本計画の進捗状況を評価する会議に出席し,その後,卒論ゼミ生たちの教員採用試験対策に協力した。エントリーシートの叙述や面接での受け答えに関するアドバイスを送った。そして,教職大学院の講義(教育課程編成の今日的課題)。終わったら,教職大学院の院生に対する実習指導(実習の成果報告会における発表内容等)だ。23時過ぎになってようやくそれらが一段落したので,ようやく研究室を出ることとなった。

| | Comments (0)

« June 2015 | Main | August 2015 »