« 神戸創生戦略プロジェクトチーム施策討議会 | Main | 授業におけるICT活用が定着している学校(大阪市立本田小学校) »

2015.07.13

「先導的な教育体制構築事業」の一環として荒川区立諏訪台中学校を訪問

 文部科学省と総務省が協力して企画・運営される「先導的な教育体制構築事業」の一環で,荒川区立諏訪台中学校を訪問し,社会科の歴史の授業を見学した。この学校には,いわゆるOne to one computingが実現しており,各生徒がマイタブレットを有している。そうした環境における学びを蓄えて,生徒たちは,タブレット型端末をすいすいと活用し,社会的な思考,このケースでは,織田信長と豊臣秀吉の戦国武将としての特徴の考察を繰り広げていた。
 荒川区の学校は,教育委員会の先見の明によって,教育の情報化を順調に進めているようだ。大したものである。

|

« 神戸創生戦略プロジェクトチーム施策討議会 | Main | 授業におけるICT活用が定着している学校(大阪市立本田小学校) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 神戸創生戦略プロジェクトチーム施策討議会 | Main | 授業におけるICT活用が定着している学校(大阪市立本田小学校) »