« 子どもたちが適用問題にしっかり取り組む | Main | 家庭科の授業で川柳を作る »

2015.07.07

子どもたちが情報活用能力を高める学校(京都教育大学附属桃山小学校)

P1090440P1090466 ある事業のために,京都教育大学附属桃山小学校を訪問した。同校は,研究開発学校としてメディア・コミュニケーション科を創設して,子どもたちの情報活用能力を高める指導を組織化した学校である。長いつきあいのある,京都教育大学の浅井先生が学校長を務めていらっしゃった時代にそれは始まった。研究開発学校としての取り組みを基盤にして,同校のメディア・コミュニケーション科は,同校の教育実践に定着していることが分かった。本日も,4年生が複数の情報手段についてその特性をベン図を用いて整理する授業を目にすることができた。そして,そうした学習経験が,子どもたちの各教科における学習活動,例えば3年生が京都市の地域的特色を地図に表す活動にも好影響を及ぼしていることが分かった。

|

« 子どもたちが適用問題にしっかり取り組む | Main | 家庭科の授業で川柳を作る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 子どもたちが適用問題にしっかり取り組む | Main | 家庭科の授業で川柳を作る »