« July 2015 | Main | September 2015 »

2015.08.31

「全国的な学力調査に関する専門家会議」で報告

 本日,文部科学省で開催された「全国的な学力調査に関する専門家会議」において,「学力向上に効果的な指導方法に関する調査研究」のいったんを報告した。これは,早稲田大学の田中博之教授をリーダーとするチームで取り組んだ,文部科学省の委託研究「平成26年度学力調査を活用した専門的な課題分析に関する調査研究」の結果をレポートするものだ。たくさんの委員や傍聴者の前で,昨年度訪問した学校の営みの特長を語った。また,いくつかの質問に対して,私なりの考えをお伝えした。

| | Comments (0)

2015.08.30

8月は仕事の月,そしてテニスの月でもあった

 8月が終わろうとしている。我々大学教員の夏休みは8月から9月にかけてである。しかし,それは,講義がないというだけで,例えば論文指導とか免許更新講習とか,会議等でしっかり働いてはいる。原稿もたくさん書いた(提出締め切りに間に合っていない場合が多いのだが)。
 しかし,振り返ってみると,8月は,テニススクールのレッスン(イベントレッスンも含めて)10回も参加した(ほとんどが22:10~23:40の深夜テニス)。これは,一月のテニスレッスン回数の自己新記録ではないか。我ながら,よくがんばった(よく遊んだ,ごめんなさい)。9月は,残念ながら,学会参加等でレッスンにあまり参加できないだろう。まあ,やり過ぎると,昨年そうだったように,テニスエルボーになる危険があるので,ちょうどよいか--。
 ちなみに,上記のスクールは,屋内コートで実施されるため,私は,まったく日焼けしていない(太陽と風を苦手とする,ひ弱なテニスプレーヤーである)。「スポーツを何かやっていらっしゃいますか」と聞かれて,「テニスを少々」と応えると,質問なさった方にいつもきょとんとされることになる。

| | Comments (0)

2015.08.29

修士論文の中間発表会を終えて

P1020534P1020530 本日,大阪教育大学大学院の実践学校教育専攻の修士論文中間発表会が催された。各人が,10分で研究の進捗状況を報告し,様々なスタッフから示される質問や意見に答えていく。
 私が修士論文の作成を担当している3名の大学院生も,2週間前のOne Day合宿勉強会における予行演習の結果を踏まえて,これまで取り組んできた内容をよくまとめてくれた。いくつかの質問に対しても,それなり回答してくれた。一方で,いくつかの表現について,ネーミングと内容のズレ等が指摘された。研究を進めている当事者(本人と指導教員の私)にとっては妥当なものであっても,第三者が理解しづらいのであれば,その表現は改善されて然るべきである。さっそく,そのためのゼミの日を定めることとなった。

| | Comments (0)

2015.08.28

学力調査を活用した専門的な課題分析に関する調査研究

 本日,早稲田大学を訪問し,「学力向上に効果的な指導方法に関する調査研究」の報告会の準備を行った。これは,文部科学省の平成26年度の委託研究「平成26年度学力調査を活用した専門的な課題分析に関する調査研究」の一環である。早稲田大学の田中博之教授をリーダーとするチームが従事する研究プロジェクトである。そのねらいは,「全国的な学力調査の結果の統計分析とともに、それに基づいて選定した学校へのきめ細かい実地調査を通して,上記の課題の解決において高い成果をあげている学校で実施されている優れた指導方法を実証的に明らかにする」ことである。
 本日は,メンバー作成した報告書を仕上げるとともに,31日に行われる会議でのプレゼンテーションの要点を確認した。

| | Comments (0)

2015.08.26

夏休みの中学生の学習を教育支援人材がサポート(尼崎市の中学校にて)

P1100039P11000431 本日午前中,尼崎市教育委員会のスタッフとともに,市内の中学校2校を訪問し,夏休みの中学生の学習を教育支援人材がサポートしている様子を見学した。これは,いわゆるHATOプロジェクトの一環として企画・運営している,「教育支援人材」の養成や活用プロジェクトの一環である。尼崎市の小中学校では,学習を含めて,様々な側面で,外部人材が学校を支援してくれている。中学生の学習支援については,教員免許を有した「リーダー」と大学生等の「チューター」が協力する仕組みが定着している。夏休みの場合は,そこに当該校の教諭も加わるという。
 尼崎市内の中学校では,教育支援人材との連絡役を果たしている教頭とリーダーがダブルでイニシアチブを発揮し,充実した学習空間が生徒に提供されていた。

| | Comments (0)

2015.08.25

指導案検討で1日が終わる

 今日は,複数の小学校の指導案検討にずいぶんと時間を費やした。まず,午前中は,ある小学校の9月の研究授業に関するものだ。6年生算数の拡大図等の学習に仮説実験授業を導入しようとする,ユニークなプランであった。午後からは,別の小学校の5つの指導案の検討にたずさわった。こちらは,国語の書くことの学習に関するものであった。子どもたちが想像をふくらませて,楽しく書くための教材や学習活動についてたくさんの先生方と意見を交換した。
 指導案検討で1日が終わった--もちろん,夕方からは提出が遅れている原稿の執筆に励んだので,正確には,指導案検討と自分の原稿の検討で,1日が終わったのであるが。

| | Comments (0)

2015.08.24

白浜町の中学校でも,予定された時刻よりも5分前に校内研修がスタートした

 和歌山県の白浜町立富田中学校に出かけた。この学校は,本年度,「分かる授業をめざした授業づくり-学ぶ意欲を高めるとともに-」という研究主題を設定し,授業改善を図っている。学校長がかつて私が研究を助言した周参見中学校の教頭だったという縁で,この学校の夏季校内研修に協力することとなった。
 2学期が始まる1週間以上前に実施された校内研修であったが,全員が予定された時刻よりも5分以上前にそろったので,開始時刻を繰り上げて,校内研修がスタートした。私も,教師たちの意欲に応えるべく,予定された講演をより相互作用的に進めるよう,がんばった。11月にも訪問し,今度は授業研究に臨む。ちなみに,各教師は,その時期に全員が研究授業を実施することになっており,今日から2学期が始まるまでに,研究授業の指導案を作成するのだという。大したものである。

| | Comments (0)

2015.08.23

マルチな1日

 今日は,珍しく,大学にも,出張にも行かない,日曜日であった。しかし,研究者に休みはない。提出が遅れている原稿を必死で書いた。ただ,ずっと書けるわけではないので,途中で,テレビで世界陸上の番組を視聴したり,インドアテニスに出かけたりした(遊んでいる言い訳?)。
 いずれにしても,マルチな1日であった。まだ終わっていないが--。

| | Comments (0)

2015.08.22

日本生活科・総合的学習教育学会・大阪支部の夏期研修会

P1020513P1020522 本日,大阪教育大学天王寺キャンパスで,日本生活科・総合的学習教育学会・大阪支部(なぜか私が支部代表)の夏期研修会が催された。6月の学会の様子の報告に続いて,ある小学校の4年生の総合的な学習の単元計画を策定し,比較検討するというワークショップが導入された。各グループは,与えられた条件を踏まえて,当該学校の4年生に必要な学びをデザインして報告した。私は,それらを並べてみると,探究のサイクルが成立している,他者との関わりが尊重されているといった共通点,単元のゴールの多様性,単元のスタートに子どもたちが自発的に課題を設定する難しさ等を確認できると講評した。
 同じ志を抱く教師が集い,質の高い議論を繰り広げる,充実した教員研修であった。

| | Comments (0)

2015.08.21

『ノージーのひらめき工房』の活用に関するワークショップ

P11000281P1100025 本日,名古屋駅近くのウィンクあいちで,第53回東海北陸地方放送教育研究大会兼第47回愛知県放送教育特別研究会が催された。午前中の講演に続いて,午後は4部会が企画・運営された。その1つは,「感じる心を育てる部会」である。NHKのこども番組『自然とあそぼ』を活用した実践の報告と『ノージーのひらめき工房』の活用に関するワークショップから成る。後者については,「ちっちゃいお部屋をつくろう」の回を取り上げて番組分析,活用プランの策定などの活動によって,保育者間で表現領域の保育に関するアイディアの交流が進んだ。

| | Comments (0)

2015.08.20

JAETの学校情報化認定委員会

 本日,溜池山王のJAETで,学校情報化認定委員会が催され,私も参加した。これは,次のような趣旨に基づく事業だ。

 日本教育工学協会(JAET)は,教育の情報化の推進を支援するために,学校情報化診断システムを活用して,情報化の状況を自己評価し,総合的に情報化を進めた学校(小学校,中学校,高等学校)を認定する学校情報化認定事業に取り組みます。
「情報化の推進体制」を整え,「教科指導におけるICT活用」「情報教育」「校務の情報化」に積極的に取り組んでいる学校を称え,学校情報化優良校として認定します。特に優れた取り組みを行っている学校を学校情報化先進校として表彰します。また,学校情報化優良校が一定以上の割合になった地域を学校情報化先進地域として表彰します。
 審査は,JAETの役員で構成される学校情報化認定委員会が定めた基準に従って行います。

 本日,「教科指導におけるICT活用」「校務の情報化」「情報教育」の3つのカテゴリーの先進校が決まった。これらの学校は,10月の全国大会で表彰されるとともに,いくつかの媒体を通じて,そのj実際や特長が公開される。

| | Comments (0)

2015.08.19

日本看護学教育学会第25回学術集会での研究発表

P1100002P1100006 本日も,日本看護学教育学会の第25回学術集会に参加した。午前中,関係者の発表が2件(私も,連名発表者になっている)。昨夜遅くまで,その内容・構成・表現に関して議論し,修正を重ねた結果,聴衆に働きかけるもののある発表になったと思う。司会者から,小中学校における授業研究の動向について質問が投げかけられ,図らずも,私も会場で答えることとなった。午後からは,昨日と同様,教師の資質・能力に関するポスター発表に接近し,時間をかけて意見交換した。
 お昼休みに,会場の一角で,足のマッサージのマシンを体験した。これがまた気持ちよく,また販売員の方のトークが絶妙で--ということになった。

| | Comments (0)

2015.08.18

日本看護学教育学会第25回学術集会

 アスティとくしまを会場にして催された,日本看護学教育学会第25回学術集会に参加した。今回,私が修論を指導している看護教員とその研究仲間で3件,口演をおこなう。その内容・表現について,発表申込時からプレゼンまで,かなりの時間を割いてがんばってきた(院生たちも,私も)。本日,無事に,1件分が終わった。何度も練習した甲斐があってまずまずの出来映えであった。ふー,明日も,2件。

| | Comments (0)

2015.08.17

懐かしのヘルシンキ

 今夜,偶然,NHKで,ヘルシンキの様子を見た。「釣瓶の家族に乾杯 海外スペシャル」だ。私は,水越先生,吉崎先生と,16年前に,彼の地を訪れた。フィンランドの教育が有名になる前のことだ。我々は,放送教育,メディア・リテラシー関係の調査のために,ヘルシンキを訪ねた。
 朝市,駅近くの白亜の教会,有名な岩の教会等,懐かしい風景を見た。また,行きたくなった。もしかしたら,某先生と3月に彼の地の学校を訪問する計画もしているのであるが。
 そういえば,フィンランド語には,私の名字に似た発音の言葉があると聞いた。「キッハラ」である。その意味は,巻き髪だって。

| | Comments (0)

2015.08.16

修論ゼミのOne Day合宿研究会

P1020498P10205001 本日,大学院ゼミ生4名,そして同OB5名と,One Day合宿研究会を開催した。
 M2の学生は,29日に迫った修士論文中間報告会の予行演習をおこなった。M1やその候補者は4月から検討してきた修士論文の研究計画をレポートする。そして,OBは,修士論文の内容とそれを現在どのように発展させているかを語ってくれた。
 多様な属性の大学院生やそのOBが,自身の教育実践等を核とする実践研究等の方法論について,多角度で,意見を交わしている。なかなかステキな機会である。

| | Comments (0)

2015.08.15

ある看護教員の授業づくり

 本日,お盆にも関わらず,京都の看護教員にヒアリングに出かけた。看護教育における授業研究の実態,それを通じた教員の成長等に関する研究プロジェクト(科研費による研究)の一環だ。ヒアリングの結果,この組織では,各教員は,すべての講義や実習に関する指導プランを作成し,その妥当性について同僚に確認してもらうそうだ。一度作成した指導案であっても,翌年,それを修正するとも聞いた。毎年,教員が研究的なテーマを設定し,それに迫る教材開発や指導法の工夫に取り組むという姿勢,それを若手教員が(大変であるが)楽しいと語る様子がこの組織の授業研究文化の成熟を物語っていた。

| | Comments (0)

2015.08.14

お盆の1日が査読で終わる

 お盆の今日,いわゆる年休をとって家にいた。しかし,朝から晩まで,ずっと,ある英語論文の査読をやっていた(19:45~21:45はインドアテニスであったが)。寂しい1日であった。それでもなお,査読は終わっていないが--。

| | Comments (0)

2015.08.13

教員免許状更新講習の担当を終えて

 本日は,一日中,教員免許状更新講習の講義等を担当した。必修講習「教育の最新事情」の第4領域「学習指導要領と学校づくり」の講座をの1つとして,「学力向上のための総合的アプローチ」というタイトルで,参加者に話題提供をした。具体的には,1)「学びの基礎力」育成の工夫,2)習得型授業の徹底,3)活用型授業の成立と充実,そして4)学力向上に資する,教師たちの学び合いである。
 お盆の時期にも関わらず,この講習に参加なさった先生方は,熱心に,私の話に耳を傾け,話し合いに従事なさっていた。お疲れ様でした。

| | Comments (0)

2015.08.12

夏休みは教員免許更新講習の担当

 夏休みに,いわゆる教員免許状更新講習の講義等を担当するというのも,教員養成系大学の夏の風物詩となった。本日,私は,テストの採点を担当した(前日までの講習分)。明日は,必修講習「教育の最新事情」の第4領域「学習指導要領と学校づくり」の講座を担当する。明日も,小中高等学校の教員150人ほどが参加なさる(それぞれ1クラス)。私も,9時から16時20分までずっと講義である。講義する側も,講義を受ける側も,猛暑の中,なかなか大変であるが,やるからには充実した講義を提供したいと思う。

| | Comments (0)

2015.08.11

「先導的な教育体制構築事業」における新たな学びワーキンググループ

 本日,文部科学省で催された「先導的な教育体制構築事業」に関する会議に出席した。3地域(佐賀県,荒川区,福島県新地町)から提案された指導案を参考にしながら,「新たな学び」の条件等を共通理解していった。私は,例えば,英国の学校で実施されている才能教育を参考にして,学校をまたいだ習熟度別指導,とりわけ優秀児のための発展学習の企画・運営やICT活用による学びの「大括り化」などについて言及した。。
 なお,この会議のメンバーから提案されて,12月23日(水,祝日)に,「大阪ICT活用フォーラム」を開催することを構想し,大阪教育大学大学院・連合教職実践研究科の地域貢献として実施することになった。文科省の担当者による基調講演,大阪内外の学校のICT活用の事例報告,そしてパネルディスカッションでプログラムを組み,大阪の学校におけるICT活用の熱を世に訴える。

| | Comments (0)

2015.08.10

大阪教育大学と府立高校教職コンソーシアムによる教師塾「教師の学び舎」

 7月25日(土)に天王寺キャンパスで,教師塾「教師の学び舎」が開講され,約30人の高校教員が参加した。これは,「府立高校教職コンソーシアム」(*)に加盟する高等学校教員を対象に,「授業力向上」や「生徒指導・生徒理解」などの3回完結のテーマ講義を提供するものである。私が,スターターとして,「授業力向上のアプローチ」というタイトルで,学びの基礎力の育成,習得と活用の授業づくり等を講じた。1テーマは3回の講義で構成されているので,第2回目(ICT活用等)を8月22日に,第3回目(授業研究等)を10月3日に担当させていただく。

| | Comments (0)

2015.08.09

卒論ゼミOBによる実践報告会,とても充実している

P1020461P1020457 本日午後,かつて私が卒論指導を担当したゼミ生OBたちの有志が,研究室を訪問し,教師としての営みを報告してくれた。また,それらを題材にして,卒業年度をまたいで,教育実践に関してコミュニケーションを繰り広げた。それぞれ,1年間,教師としてがんばったことを一人称で報告してくれた。その語りは,とても,豊かである。日々の実践の中で感じてきた悩み,はぐくんできた思い等を,彼らは,自身の言葉で,また,ディテールに及んで,述べてくれた。それらは,25年にわたって大学教員を務めている,とりわけ教育学を専門としている私にとっても,新鮮な学びをもたらしてくれた。夏休みの日曜日に大学に戻ってきてくれて,そうした発表をしてくれた卒論ゼミOBに,本当に感謝している。ありがとう

| | Comments (0)

2015.08.08

日本看護学教育学会第25回学術集会にて院生等が研究発表

 8月18,19日と,徳島市のアスティとくしまにて,日本看護学教育学会の第25回学術集会が催される。この学会で,私が修士論文の作成を指導している院生2名が口頭発表する。また,私も研究分担者になっている科研の研究プロジェクトの研究代表者も口頭発表する。いずれのケースも,私も,共同研究者として名前が載っている。
 本日,それらの発表の内容・構成について検討した。点検してみると,定義の甘いところ,論旨が整っていないところ等々が明らかになってくる。当たり前だが,研究発表は,どのように準備してきても,完璧にはならない。何度,事前に検討できるか--18,19日に向けて,院生等には継続して発表の内容・構成を練ってもらいたい。

| | Comments (0)

2015.08.07

柏原中学校区の小中学校合同研修会--予定よりも早くスタート

Img_1421Img_1422 本日,午前中,大阪府柏原市の柏原中学校区の小中学校合同研修会に参加した。この研修会,参加者が全員揃ったので,予定より5分早く,スタートした。この中学校区の先生方の研修への意欲に敬意を表したい。小中学校の教員の混合グループによる協議に先んじて,私は,「確かな学力の育成に関する実践動向」というタイトルで講演をおこなった。また,グループ別協議の結果報告を受けて,即興で,個に応じた指導と授業のユニバーサルデザインについてのスライドをピックアップして,提示した。
 2時間の研修であったが,参加者の熱意等に支えられてテンポのよい講演等を提供でき,気持ちよく会場を後にした。

| | Comments (0)

2015.08.06

日本教育方法学会第51回大会の課題研究で発表

 日本教育方法学会第51回大会(10月10,11日,岩手大学にて)の2日目午後に開催される課題研究の一つに、昨年度に引き続いて教師の<実践知>に関わる部会が設定されることになった。コーディネータ-は,三橋先生(徳島文理大学)と山崎先生(学習院大学)である。
 登壇依頼を受けて,私も,当日,提案を行う。そのタイトルは,「専門的な共同体のネットワーク化がもたらす教師の実践知の再構築」である。教師の実践知の特徴の再整理,その形成に資する専門的な学習共同体のあり方を,私なりの論理といくつかの事例で提案したいと思う。明日が,その要旨の提出締め切りのため,本日,がんばって,その草稿を作成した。

| | Comments (0)

2015.08.05

「特別の教科 道徳」に資する放送教育について考えるワークショップ

P1090957P10909791 第19回視聴覚教育総合全国大会・第66回放送教育研究会全国大会の合同大会の第2日目には,午前中,いくつかのワークショップが位置づけられた。その1つが,『特別の教科「道徳」の授業づくりを考える』ものである。具体的には,NHK学校放送番組『ココロ部!』の利用可能性を検討するために,模擬授業体験,番組分析,授業プランの作成と交流等が導入された。それらを通じて,参加者間で,同番組が「特別の教科 道徳」の成立と充実を支える教材の1つになること,そのためには,話し合い活動と書く活動の工夫に加えて,発問の工夫に留意しなければならないことを共通理解した。

| | Comments (0)

パナソニック教育財団の実践研究助成の成果報告会

 本日,お台場のパナソニックセンター東京で,パナソニック教育財団の実践研究助成成果報告会が催された。まず,今年からスタートした,「第40回実践研究助成・一般助成研究・成果報告書優秀団体」が表彰された。私も,成果報告書を評価するメンバーの一人として,選考の過程と結果,表彰されることとなった成果報告書に共通する特長などを述べた。
 次いで,特別研究指定校の中間報告及び最終報告が9件も披露された(ここでも,第40回特別研究指定校となった,つくば市立春日小学校・中学校の取り組みの解説役を果たした)。その後,第39回の実践研究助成の特別研究指定校5校のアドバイザーであった研究者が,「学校において実践研究を定着・普及させるための秘訣」というタイトルでパネルディスカッションを繰り広げた。

| | Comments (0)

2015.08.03

大阪市社会教育委員会議

 大阪市阿倍野市民学習センターで催された,平成27年度大阪市社会教育委員会議第1回全体会に出席した。

| | Comments (0)

2015.08.02

授業評価アンケートの結果を踏まえて,講義の改善を図る

 某大学で非常勤講師を務めているが,当該大学では,講義半ばで,授業評価アンケートを実施する。私が担当する講義についての学生の意見は,なかなか手厳しいものであった。しかしながら,それを受けとめ,できるだけ彼らのリクエストに応えるよう,講義の進め方を変えた。本日,講義終了後の授業評価アンケートの結果を目にしたが,それは,講義中間段階でのものに比べると,総じてよいものになっていた。何より,学生の自由記述において,「講義半ばでのアンケート以降,担当者が講義の改善を図っていることが分かった,自分たちの意見を取り入れてもらえて好感を抱いた」といった反応を確認できた。大学で講義を担当するようになって四半世紀が経つが,講義の改善を図る努力はちゃんと成果に結実すると再認識した。

| | Comments (0)

2015.08.01

カリキュラム研究会で中国の学校長のイメージに関する研究を報告

 本日は,新大阪駅近くの貸し会議室で,カリキュラム研究会を催した。4名のメンバーで,それぞれがピックアップしてきた文献の内容を報告した。複数の論文において,当該論文が扱っているトピックが異なるにも関わらず,AgencyやHonorといった用語が登場しているのが興味深い。
 私は,Cheryl J. Craig, Yali Zou & Rita P. Poimbeauf(2015)A narrative inquiry into schooling in China: three images of the principalship. J. CURRICULUM STUDIES, Vol. 47, No. 1, 141–169を報告した。この論文においては,中国の小学校長の語りを3人の研究者がそれぞれの視点で分析し,異なる学校長像を見いだし,それを統合したモデル等,ユニークな知見が示されている。

| | Comments (0)

« July 2015 | Main | September 2015 »