« 日本教師教育学会第25回研究大会に参加 | Main | 日本教育工学会第31回全国大会における研究発表を終えて »

2015.09.21

日本教師教育学会第25回研究大会で研究発表

 本日も信州大学を会場にして催された日本教師教育学会第25回研究大会に参加した。午前中,高知大学の島田先生,同僚の寺嶋先生と推進してきた共同研究プロジェクトの中間的な成果を報告した。そのタイトルは,「学校研究の発展に資する教育委員会指導主事の役割モデルの開発」である。
 発表に対して,いくつかの建設的な意見を頂戴した。例えば,ある方から,学校研究を充実させている学校の研究推進方策をどのように地域に広めるのかに関する,指導主事の普及方策も検討した方がよいという示唆を与えていただいた。あるいは,別の方からは,新たな指導主事像をどのように考えるのかについてさらに吟味をした方がよいという意見を頂戴した(それについては,「学校の創造的な実践研究を支え,促すという問題解決に従事している,アクティブ・エージェントであると表現できます」と答えた)。

|

« 日本教師教育学会第25回研究大会に参加 | Main | 日本教育工学会第31回全国大会における研究発表を終えて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 日本教師教育学会第25回研究大会に参加 | Main | 日本教育工学会第31回全国大会における研究発表を終えて »