« 哈爾浜の高等学校で教育実習生の授業を再度見学 | Main | 日本教師教育学会第25回研究大会に参加 »

2015.09.18

学び続ける教師の象徴的存在

P1100553P11005601 ある小学校で,教職経験が25年を越えているベテラン教師の「自主的な」研究授業を見学した。その授業は,NHK学校放送番組『さんすう刑事ゼロ』を導入に用いて縮尺の留意点を確認した後,それを活かした発展的な学習を展開するものであった。それは,1ヶ月後に修学旅行に行った際に目にするものの大きさを予想するという学習活動であった。例えば,看板,名物のせんべい,○○横丁等々,彼らは,一ヶ月後に自分たちの予想を実地検査できる。
 この教師は,数年前に放送教育に目覚めた(?)教師である。それから毎年番組を活かした授業づくりにトライしてきた。先日『さんすう刑事ゼロ』の利用プランを勉強会で報告し,その際に得たアイデアを着実にものにして,前述したような授業に結実させた。様々な意味で,彼女は,学び続ける教師の象徴的存在である。

|

« 哈爾浜の高等学校で教育実習生の授業を再度見学 | Main | 日本教師教育学会第25回研究大会に参加 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 哈爾浜の高等学校で教育実習生の授業を再度見学 | Main | 日本教師教育学会第25回研究大会に参加 »