« ハルビン市の創造性教育を標榜する幼稚園にて | Main | ハルビン市の小学校の特色づくり »

2015.09.15

哈爾浜市の小学校の英語の授業のコンテンツは自作

 哈爾浜訪問2日目に道外区の大同小学校と南市小学校を訪問した。いずれの学校でも,英語の授業を見学した。1つは4年生を対象とすのものであり,もう1つは5年生を対象とするものであった。
 教師がイニシアチブを発揮して,子どもたちに次々と活動を促すパターンの授業であった。注目すべきは,教師が提示するコンテンツがすべて自作のものであることだ。ある教諭は,40分の授業のものを90分かけて準備すると述べた。教科担任制であるという事情が影響しているとは思うが,それにしても,授業で用いるコンテンツを自作することは,この地の教師たちにとって,常識になっている。ちなみに,教科書のイラスト等の素材は教師用指導書等に付録されているらしい。

|

« ハルビン市の創造性教育を標榜する幼稚園にて | Main | ハルビン市の小学校の特色づくり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ハルビン市の創造性教育を標榜する幼稚園にて | Main | ハルビン市の小学校の特色づくり »