« 教職大学院の学校実習の指導の一環として,ある学校の校内研修に参加して | Main | 12月の発表のための打ち合わせが続いた »

2015.10.23

教師たちの授業づくりに関する努力のたまもの(津山市立北陵中学校)

P1110125P1110148 津山市立北陵中学校は,今年度も,「認め合い,支え合い,確かな学びをめざす生徒の育成~基礎・基本を定着させ,活用型学力を高める~」という研修主題の下,専門部会を構成して,授業改善の努力を重ねている。専門部会は,家庭学習開発部会,学習を支える集団づくり部会,そして授業改善推進部会で構成されている。本日,3つの部会に属する,11名の教師(1つがTTなので10の授業)による研究授業が公開された。
 いずれの授業においても,教師たちが,子どものために,授業づくりに工夫を凝らしていた。子どもに対するきめ細かな指導,板書や掲示物に関する細かい配慮もあれば,地域や生活を基盤とする教材の導入や異教科ティームティーチングのような発展的な指導も登場していた。すべての授業において,教師たちの授業づくりに関する熱意に応じて,子どもたちがしっかり思考し,豊かに表現し,学びを共鳴させていた。

|

« 教職大学院の学校実習の指導の一環として,ある学校の校内研修に参加して | Main | 12月の発表のための打ち合わせが続いた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 教職大学院の学校実習の指導の一環として,ある学校の校内研修に参加して | Main | 12月の発表のための打ち合わせが続いた »