« きめ細かな指導の充実(丹波市立和田小学校) | Main | 「でも『大阪ことば』じゃないね」と言われて »

2015.11.10

何重もの意味で革新的な授業実践を見せてくれた(つくば市立春日小学校・春日中学校)

P1110963P1110933 本日,明日と,つくば市内の学校等で,「つくば市学校ICT教育40周年記念 21世紀の学びを変えるICTを活用した小中一貫教育研究大会」が開催されている。つくば市立春日学園(春日小中学校)も会場校として,なんと54の授業を公開してくれた。それは,ICT活用と情報教育を交差させた,すぐれた授業であった。とりわけ,思考・判断・表現に資する教材の開発,それを協働的に進めるための思考ツールの活用に長けていた。さらに,一部の教科の指導では,合科的な展開,異学年合同の教科指導,他校の児童との交流等も試みられた。同校は,何重もの意味で,革新的な授業実践を示してくれた。それは,学び続ける組織として,彼らが校内研修を重ねてきたことの成果である。。
 なお,同校は,パナソニック教育財団の第40回実践研究助成の特別研究指定校である。1000人を超える参加者を集め,ICT活用等のすぐれた授業実践を普及していくという,特別研究指定校の役割を十二分に果たした研究大会であった。

|

« きめ細かな指導の充実(丹波市立和田小学校) | Main | 「でも『大阪ことば』じゃないね」と言われて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« きめ細かな指導の充実(丹波市立和田小学校) | Main | 「でも『大阪ことば』じゃないね」と言われて »